« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月23日 (日)

ケアンズ旅行記~珊瑚礁と熱帯雨林~

さて、ケアンズ旅行記です。

NZにいたときに実現しなかったオーストラリア初訪問です。ここ、意外にもビザがいるんですね・・・。

今年度の海外旅行はインドに続いて2回目。

いろんな人に金持ってんなあと言われますが、貧乏旅行です!
もちろん飛行機はカンタスではなくジェットスターですが、何か?(笑)

行きで機内食を注文してたにも関わらず、何故か飛ばされてくれなかったり・・・。
ちゃんと、自分で申告すべきでしたが、ローコストキャリアの現実を見ましたYO!
ちなみに帰りはちゃんと配ってもらえました・・・。

で、到着。

流石、南半球の熱帯。

暖かい~。

ちなみに旅行中の日本は全国的な大雪だったそうですね。

早朝にケアンズの空港に着いたんですが、

・・・ここオーストラリアだよね・・・

出口にいるのは日本人・日本人・白人・中国人・中国人。

なんと異国情緒のないことよ。。゚(゚´Д`゚)゚。
空港の写真を撮っても英語の看板がなけりゃ、伊丹空港かと思います。
この異国情緒のなさは旅の終盤まで続きます。

中国の旧正月(日本でいうところのGW)の時期だったそうで、中国人観光客の多いこと。
ここはチャイナタウンかよ、と思いましたよ。

まあそんなこんなで、とりあえず宿に荷物を置くためタクシーに乗って市街地へ。

ちなみに荷物が少ないことで定評のある私ですが、今回もリュック(それも20Lくらいの)と貴重品用のポシェットのみ。夏場だし、コンパクトにまとめてみました。(苦笑)

ちなみにインドもこんな感じで行きました。

実はガラガラするやつは持ってませんねん。

さて、暖かい気候ですが残念ながら雨季で、降ったりやんだりの雨に悩まされることに。

初日はケアンズの街をぶらぶらしてました。

海沿いに無料の大きなプールがあります。こういうところ観光地ぽくていいですね~。
朝の6時から入れるので、最終日、わたしは泳ぎました。

Pool

地元の人の利用が多いです。
で、泳いでたらアクアビクスの集団に追い出されました。(苦笑)温水シャワーがあるのも素晴らしい!

さて、物価の高いオーストラリア。一品だけでも1000円を割ることはまずないという日本人泣かせ。よく海外の人は日本は物価が高いとおっしゃいますが、食べ物に関してはそんなに物価は高くないと思いますよ。

Seafood

ま、海辺なのでシーフードランチで攻めました。

同行者に適当にピザかパスタでも食べようよ~と言ったら、

オーストラリアに来てそれはないで~と却下されました。まあ、これはこれでおいしかったです。高かったけど。

んで、地元ビールをば
(ここは別の日の晩御飯。)

Beer

予想通りあっさりめかしらん。
(別にビール通じゃないですが。)

さて、2日目はケアンズに来たらほとんどの人が行くと言う(?)グリーン島へ。
グレートバリアリーフの入り口にあるサンゴ礁でできた島だそうです。
船で50分くらいのところにあるのですが、あいにくの荒天で船は素晴らしく酔わせていただきました。同行者R氏はあと十数分乗ってたらピー(自主規制)だったとのこと。

ちなみに今まで船に乗って強烈に酔ったのは隠岐の島へ行くときでしたい。
おそるべき日本海・・・。

島に着いたときはなんとか天候も回復し、青空も見えました。
しかし、

なんやねん、このチャイニーズワールド!

いやもう、なんか見た目だけなら白浜の海水浴場に来たかと思いましたよ。

とにかく中国人!中国人!中国人!

オーストラリアに滞在中、ソーリーよりトイブーチーのほうが数多く言った気がします。
すげえチャイナパワー。すげえ覇権主義。

Gi1

いや、島はよかったですよ。
シュノーケリングしたりして過ごしました。
遠浅の海・そしてグレートバリアリーフ!
珊瑚・珊瑚・魚・珊瑚!

しかし途中で雨が降ってきて、海から上がるほうが寒いので、数時間ずっと海の中とかいうオチがついてましたが。

亀さんにも会えました。

Gi2

そんな感じで。

3日目は熱帯雨林のキュランダへ。

毎度のツアコンR氏が日本で申し込んでおいてくれたツアーに参加。のべ1時間くらい乗るロープウェイでの空中散歩。


 P2090049

まあ怖いですよね。当然。

しかし景色はすばらしい。

Sky1

前日に行ったグリーン島がかすかに見えます。

Rainforest

果てしないじゃんぐるぅ!

辿りついた先ではカンガルーとかコアラとかワニとか。

Koala

昼時だったのでみんな仕事する気ありませんね。
オプションでコアラを抱っこして写真をとってもらいましたが同行者I氏は何故か何度も撮り直しをさせられていました。どうもコアラが暴れる(?)らしくw

珍しい水陸両用車にも乗りました。
「アーミーダック」と言うらしいです。

Ad

事前にそれに乗ることを聞かされていた私は、ダチョウに乗るもんと勘違いしてました。

帰りは電車で。世界の車窓から、なんつって。
(実際にあの番組で使われていたそうな。)

Train2

内装。

Train_2


これはオール日本語ガイドツアーだったので、英語ほとんど必要ナシ!
昼食のブッフェでは中国人集団と肉の奪い合いをしてきて、見事に負けました・・・。
人海戦術を身につけてますね、彼らは。(゚∀゚)

こんな感じで3日目は終了。

最終日はチェックアウトの10時までそれぞれ散歩、マラソン、水泳と好きかって過ごしまして。(ちなみに私は前述のとおり、海の見えるプールで泳いでみました。)

日本からの雪のせいで、3時間遅れた飛行機で無事に帰国いたしました。

いやー、それにしてもお土産屋は日本語通じるし、レストランのメニューはほとんど日本語があるし、英語喋れなくても全く困りませんでした。あえていうなら泊まった宿は完全に英語のみだったくらいで。今は中国人が多くてもかつては日本人が多かったのもありますが、初めての海外旅行に行かれる方にはハワイと並んでお勧めしたい場所でした。

それにしてもチャイナパワー・・・すごかった・・。

諸般の事情でエアーズロックはいけませんでしたので、また次回必ず訪れようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍師官兵衛「秀吉という男」

今回の見どころ。

・「心・配・ご・無・用」

・優柔不断の赤鼻

・キャバクラin長浜

・おねさんは沢口靖子様のほうがいいなあ・・・。

・もこみちくんに服着せてあげてください

こんな感じで。

信長と対面して毛利との戦いについて言上した官兵衛。その聡明さを認め、脇差を与えて毛利攻めの大将となった秀吉に協力するよう命じます。

秀吉に対し命の使い道を説く官兵衛。

それに共感した秀吉は意気投合し、長浜に官兵衛一行を連れていき、おねや石田三成(!)と対面します。

一方うさんくさい小寺の殿様は織田につくと言ったものの、毛利につくことも諦められない様子。それを聞い官兵衛たパパは光さんと一計を案じ、殿さまの奥方にささやき作戦を発動し、なんとか殿さまの気はとりあえず変わらぬままにしました。

母里太兵衛を気にいった秀吉は自分の家来にしたい、といいますが、官兵衛たちは断ります。秀吉は自分の家臣が少ないのがつらいところだったんですね。

そんなわけでなかなか面白くなってきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

軍師官兵衛「決断のとき」

織田につくか毛利につくか

片岡鶴太郎さんが毛利、毛利と言ってると。

アンタ毛利の家臣やったやん!

と突っ込みたくなる大河脳。

中国地方の各豪族の大勢が毛利につくことを表明している中、信長の噂を聞いている官兵衛は織田につくことを説き伏せます。

光の姉の嫁ぎ先も毛利につき、やがて敵味方になってしましますが、それを静かに受け入れる光。
現段階において、最近の大河の嫁役における悪い意味でのでしゃばり感を感じないのはこういうキャラづけなのかもしれません。

そして官兵衛がひきとったのちの後藤又兵衛が登場。地元民としては嬉しい限りです。

一方秀吉は城持ち大名に出世。
ここでおねが登場。大河ではこの時期の時代考証の常連O和田先生がいらっしゃいますので、決して「ねね」にはなりません!(笑)
司馬遼太郎先生は「ねね」としていて、その世代の方にとっては「ねね」のほうがなじみ深いかもしれませんが。
浅井の城ではなく、新しい城を築くべきだと賢妻ぶりを発揮します。

それにしても竹中秀吉のはっちゃけぶりがステキです。

主人の赤鼻がキナくさい中、いよいよ官兵衛は信長に会うため岐阜へと向かいます。

あ、ナレが変わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

軍師官兵衛「信長の賭け」

えと、栗山善助と母里太兵衛の義兄弟の契り、の巻。

くらいでしょうかね。

もこみちくんがいつ、オリーブオイルを出さないか、ハラハラしているのですが。

そしてやたら片肌脱ぎにされてるのも何か色々と突っ込みたくなるのですが、その辺は他のサイトの御姉様方にお願いするとしてですね。

ナレで室町幕府滅亡とか三方が原の戦いとかが済まされてしまいました。
藤村さんのナレも今回で最後かしら。「武田」とか「今川」とかおっしゃる上、竹中半兵衛さんが出てくると、どうしても風林火山が思い出される大河脳でございますとのことよ。

あとは官兵衛の側室話。
まあ最近の戦国時代の大河ドラマの主人公、女性の場合の相手役(?)は、女性視聴者に配慮したのか、側室がいなかった人物が多く選ばれる向きがあります。毛利元就(正妻存命中)、山内一豊、直江兼続、徳川秀忠・・・などなど。まあそのほうが奥さんとのイイ話が描けるからということもあるのですが。だからこの条件のみで今後大河化されそうなのが、小早川隆景、吉家元春、明智光秀あたりは候補としてなりうるのではないか、と思う訳です。今回の黒田官兵衛もその一人で、さり気にその条件が該当したからではないでしょうか。

2人目がなかなかできない中、側室を、と妻の光がすすめますが、いらん、と一点張り。
まあこの時代子どもをたくさん産ませるのも家の存続を考える殿さまのお務めなので、あんまり今の一夫一妻制度の価値観を持ち込むのもどうかという気はしますが。

まあそんなこんなで、毛利一族が登場したところで、いよいよ信長の中国攻めが始まり、官兵衛もその中に巻き込まれ、ようやく歴史の表舞台にでていくことになります。ここまでは長いプロローグみたいな感じでようやく本番、という感じですね。

それにしても江口洋介氏が実は歌手だったということを覚えている視聴者はいるのでしょうか。敦盛を歌ってて、思いだした私。

いつになったらおヒゲがつくのやら。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

しばしの休暇。

1月のバタバタから逃げるように、オーストラリアのケアンズに行ってきました。

ちょっとその前に家の方で不幸事があり、行けるかどうか怪しかったのですが、家族の許し(?)も出たので、微妙な感じながら行ってまいりました。

こんな感じで1週間以上職場を休んで、ようやく明日復帰、という状況です。

中国の旧正月の期間と重なり、

どこのチャイナタウンやねん、

ってな感じでした。^^;

後日旅行記書こうとおもいますが、とりあえず、グレートバリアリーフ内のグリーン島。

Cairns1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

年明けから・・・

フェイスブックでも言ってましたが、年明けから成人式だの、互助会デー、講演会に、自主研究とバタバタ忙しくしておりまして、

インフルエンザになりました。

しかし、仕事の大きなイベント前で長々と休むわけにいかず、体力が回復しないまま復帰し、なんとか仕事を終わらせたのが先週。そっから課の旅行の幹事だったりと休む暇が無く、やっとこの日曜日がまともな休日だったりします・・・。

夜になると、微熱が続き、胃腸の調子が悪く・・・やっとマシになってきた今日の午後。

今週半ばから南半球にプチバカンスに旅立つ予定です。

それまでに本調子に戻したいところですたい。

やっぱり無理をすると体にかえってくると痛感したこの頃でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍師官兵衛「死闘の果て」

「この戦争が終わったら○○するんだ!」

○○は結婚とかが多いですが、

このセリフを言った人物は物語のセオリーどおりだと100%殉職!

昔からのフラグですYO!

ということで赤松軍との死闘により、母里親子が戦死します。

なんて分かりやすい悲劇。。゚(゚´Д`゚)゚。

・・・ところでこの武兵衛の婚約者って、しょこたん?ですよね。。。

今年の大河は王道だ王道だと言われていますが、王道、というよりベタなんですよね。

まあその証拠に昨年、一昨年と大河を見なかった親父が自らチャンネルを合わせております。昨年も戊辰戦争あたりまでは見てたのですが、やはり戦国時代は分かりやすくベタなものがおっさん視聴者が戻ってくるのでしょうか。

さて、一方で官兵衛には長男が生まれます。
これがのちの黒田長政ですね。彼には試練がやってくるわけですが。それはまたのちのお話。

一方信長は上洛し、義昭を将軍につけます。そして有名な畿内の支配に乗り出し、秀吉は竹中半兵衛を家来につけます。

それにしても藤村志保さんが骨折でナレーションが交代だとか。藤村さんといえば、最近では風林火山のときの寿桂尼さんを演じてらっしゃいましたが、何気に息子の今川義元が谷原さんだったなあ・・ということに今更気がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »