« 軍師官兵衛「決断のとき」 | トップページ | ケアンズ旅行記~珊瑚礁と熱帯雨林~ »

2014年2月23日 (日)

軍師官兵衛「秀吉という男」

今回の見どころ。

・「心・配・ご・無・用」

・優柔不断の赤鼻

・キャバクラin長浜

・おねさんは沢口靖子様のほうがいいなあ・・・。

・もこみちくんに服着せてあげてください

こんな感じで。

信長と対面して毛利との戦いについて言上した官兵衛。その聡明さを認め、脇差を与えて毛利攻めの大将となった秀吉に協力するよう命じます。

秀吉に対し命の使い道を説く官兵衛。

それに共感した秀吉は意気投合し、長浜に官兵衛一行を連れていき、おねや石田三成(!)と対面します。

一方うさんくさい小寺の殿様は織田につくと言ったものの、毛利につくことも諦められない様子。それを聞い官兵衛たパパは光さんと一計を案じ、殿さまの奥方にささやき作戦を発動し、なんとか殿さまの気はとりあえず変わらぬままにしました。

母里太兵衛を気にいった秀吉は自分の家来にしたい、といいますが、官兵衛たちは断ります。秀吉は自分の家臣が少ないのがつらいところだったんですね。

そんなわけでなかなか面白くなってきましたよ。

|

« 軍師官兵衛「決断のとき」 | トップページ | ケアンズ旅行記~珊瑚礁と熱帯雨林~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59187246

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「秀吉という男」:

« 軍師官兵衛「決断のとき」 | トップページ | ケアンズ旅行記~珊瑚礁と熱帯雨林~ »