« 軍師官兵衛「毛利襲来」 | トップページ | 軍師官兵衛「人質松寿丸」 »

2014年3月16日 (日)

軍師官兵衛「命がけの宴」

秀吉の播磨へ来る来る詐欺。

信長は北陸の上杉謙信との戦いを重要視し、秀吉を北陸へやります。

上杉謙信と言えば、官兵衛パパの柴田さんですYO!@武田信玄

毛利の脅威を感じた官兵衛は、奥さんのつてを頼って宇喜多直家と接触し、織田方へつくよう説得を試みますが、誰も信じないと言うなんかバサラ物みたいな直家は、誰も信じないと裏切る家臣を毒殺して高笑いして去っていきます。まあ元バサラ物ですから仕方ありません。(中の人の話ですw)陣内さんは高笑いが似合うなあ・・・。

そんな状況と、来ない秀吉に官兵衛はいらだちを隠せません。

一方秀吉は有名な柴田さんとケンカをやらかし、長浜へ帰ってきます。

信長からの謹慎を命じられた秀吉は派手な宴を開いて謀反の意思なしをアッピール。そんな秀吉に業を煮やした官兵衛は長浜までやってきて秀吉の体たらくを責めますが、なんとしてでも播磨攻めだけは、命に代えても実現させる、という秀吉の意思に、揺らいでいた官兵衛は改めて信頼を寄せます。

信長からもおとがめなし、ということでようやく播磨攻めへ。

さて、一方善助さんはアゴの人(笑)とめでたく結婚したみたいで、よかったっすねっ。

さて、来週は松寿丸くんが人質になります。

そういえば、この幼名、毛利元就と同じなんだ・・・。

|

« 軍師官兵衛「毛利襲来」 | トップページ | 軍師官兵衛「人質松寿丸」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59304101

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「命がけの宴」:

« 軍師官兵衛「毛利襲来」 | トップページ | 軍師官兵衛「人質松寿丸」 »