« 軍師官兵衛「上月城の守り」 | トップページ | 軍師官兵衛「裏切りの理由」 »

2014年4月27日 (日)

軍師官兵衛「見捨てられた城」

ん上月城を見捨てよとの信長の命を受け、尼子勝久と山中鹿介を救うことができなかった官兵衛。その様子を見て、荒木村重は信長への不信感を募らせていきます。

そして慎重なのは毛利兄弟。
どう考えても仮病だった宇喜多の不気味さに警戒し、兵をひきます。

中の人の話でいくと、毛利家重臣の桂元澄と陶晴賢ですから、そりゃ当然だw

しかし、そのせいで光の兄、櫛橋左京進が守る上月城も孤立。

自害に追い込まれてしまいます。

官兵衛夫妻は、その子たちを引き取ることになり、黒田家は大所帯に。
兄妹が敵味方に分かれてしまった悲しい末路でした。

そんなこんなで播磨の豪族が右往左往している中、御着の女主人のモー子力が亡くなり、あの優柔不断な赤鼻の殿のストッパー役がいなくなり、小寺家の行く末も不安な状況に。

別の大河では秀吉が中国攻めを

いや~苦労してまする、の一言で説明してしまってますがw
実はホントに色々あったのがよくわかりますねえ。

|

« 軍師官兵衛「上月城の守り」 | トップページ | 軍師官兵衛「裏切りの理由」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59542152

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「見捨てられた城」:

» 軍師官兵衛 第17回「見捨てられた城」 [あしたまにあーな]
信長の判断により、上月城が見捨てられることになります。半兵衛も物語の中で言っていましたが、全体を見据えて決断する主君としては一つの城にかけられる負担というものをしっかりと把握しての判断だったのだと思います。それでも、現場にいる秀吉や官兵衛にとっては、上月城にいた鹿介たちと約束した援軍のこと、そしてここで引き返すことによる播磨の他武将への影響を考えると、援軍を出すべきと進言します。確かに、鹿介を演じていた別所哲也は完全にはまり役でものすごい雰囲気を出していました。 なるべく客観的にこの事実を見てみると... [続きを読む]

受信: 2014年4月27日 (日) 23時17分

« 軍師官兵衛「上月城の守り」 | トップページ | 軍師官兵衛「裏切りの理由」 »