« 軍師官兵衛「有岡、最後の日」「半兵衛の遺言」 | トップページ | 日本と西洋の自然観と宗教観について »

2014年6月15日 (日)

軍師官兵衛「帰ってきた軍師」

ウルトラマンに替えたいサブタイトルです。

今日の見どころは

・往生際の悪い赤鼻の殿!w

・イケメン別所長治の最後。

・ハイテンションアドリブ?な秀吉

でしょうか。

軍師として戦場復帰した官兵衛ですが、人が変わったように三木城の開城を迫ります。
半兵衛の代わりに、という気負いからです。

しかし、旧主の小寺の殿を殺せなかった官兵衛。

秀吉はそれでいい、と官兵衛を責めませんでした。

非情になるきっかけをつくったのも小寺の殿なら、情を思い出させたのも殿、という皮肉な話ですね。いや~それにしても小悪党な小寺の殿の鶴太郎さんの演技はGJでした。

一方情け容赦のないのは信長。

有岡城で宴会を開き、だしさんの亡霊と対峙しても村重に対する恨みは変わらず。そして長年仕えてきた佐久間信盛も大した軍功もなく、過去の反抗を引き合いに出し、追放。
これぐらい情けのないのもすがすがしくてよろしいです。

お、予告でやっと信長にヒゲが!
(゚∀゚)

|

« 軍師官兵衛「有岡、最後の日」「半兵衛の遺言」 | トップページ | 日本と西洋の自然観と宗教観について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59821562

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「帰ってきた軍師」:

« 軍師官兵衛「有岡、最後の日」「半兵衛の遺言」 | トップページ | 日本と西洋の自然観と宗教観について »