« 日本と西洋の自然観と宗教観について | トップページ | 軍師官兵衛「長政初陣」 »

2014年6月22日 (日)

軍師官兵衛「栄華の極み」

二重の極み!

・・・は置いといて。

信長様にお髭がやっと登場です!
キタ━(゚∀゚)━!

信長さまはヒゲがないと、イメージがどうもってな感じです。

朝廷の権威をものともしない信長さまはやりたい放題。

安土城のライトアップを400年以上前にして驚かせまさに絶頂期。

しかし、朝廷との間をとりもつ光秀は心労が・・・。

大昔に読んだ本で、本能寺の真相は、朝廷権力を守るために、光秀が信長を倒したのではないか?と書かれていましたが、今回はその路線でいくのでしょうか。
戦国モノを扱うとき、必ずといって本能寺の変は描かれますが、そのときどきによって色々な角度や説が取り上げられるのが興味深いところですねえ。

一方主役だった官兵衛。光秀に誘われますがやんわりと拒否。毛利攻めへの準備を進めます。そんな中、宇喜多直家が亡くなり、子の秀家を秀吉に託し、亡くなります。
その未亡人を巡っての秀吉とおねのほほえましい夫婦喧嘩の一方で官兵衛と光の間に待望の二人目の子を授かります。そういえば松寿丸が生まれてからいっとき、第二子はまだかまだか騒動もありましたしね。これに夫妻は大喜び。久しぶりに明るい話題の黒田家でした。

そして松寿丸が元服し、黒田長政を名乗ることになります。

シンケンジャー見参!(笑)

|

« 日本と西洋の自然観と宗教観について | トップページ | 軍師官兵衛「長政初陣」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59859944

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「栄華の極み」:

» 軍師官兵衛 第25回「栄華の極み」 [あしたまにあーな]
今回の題名を見ていると、平家物語の一節にある栄枯盛衰という言葉を思い出します。歴史を知っているからこそ、その後のことを考えながら見ることができるのですが、時代の真っ直中にいる人には難しい話。今の自分から未来がどうなっていくのか分かっている人がいないのですから当たり前のことなのですが、もう少し信長も人の心を感じる事ができていたらよかったのになと感じてしまいます。 今回はそんな信長に対して官位を受けて欲しいと願う朝廷の話が途中まで中心に進んでいきます。前回全ての官位をわざわざ返上した信長ですが、その真意... [続きを読む]

受信: 2014年6月22日 (日) 23時05分

« 日本と西洋の自然観と宗教観について | トップページ | 軍師官兵衛「長政初陣」 »