« 軍師官兵衛「栄華の極み」 | トップページ | 軍師官兵衛「高松城水攻め」 »

2014年6月29日 (日)

軍師官兵衛「長政初陣」

どうもキーボード内に対するPCの反応が遅くてイライラしてしまいます。
実はブラインドタッチできてないんですけどね。
人に私はかなり速いと言われるのですが。

さて、元服した長政くんの初陣です。

ちょうどこのころ弟の熊之助も生まれまして。

作中で14年ぶりの子どもの誕生、と言うてるから・・・

長政は14~5歳!Σ(゚д゚lll)

そこは大河のお約束、若作りと老けづくりですな。

手柄を立てようと、散々出番を延ばされたこともあり、血気盛んに戦場で戦う長政ですが、官兵衛に諭されます。
パパンは分かってくれない、スネる長政君でした。

さて、そんな一方、備中高松城攻めに着手した秀吉軍。官兵衛の案で有名な水攻めをはじめます。

この作戦が行われるということは、いよいよ本能寺の変でございます。

知らん間に(笑)武田を滅ぼし、ようやく徳川家康という名前も出てきました。
そして武田を滅ぼした際、ともに焼かれてしまった恵林寺の高僧、快川和尚の名セリフがこんなところで聞けるとは思いませんでした。

この時期、この言葉は身に沁み入ります。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

明智さんもそろそろ本気出してきましたね。

|

« 軍師官兵衛「栄華の極み」 | トップページ | 軍師官兵衛「高松城水攻め」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59898718

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「長政初陣」:

» 軍師官兵衛 第26回「長政初陣」 [あしたまにあーな]
とうとう本格的に登場するようになった長政。前回までの子役の人の演技がめっちゃうまかっただけに、これから松坂桃李さんが演技してくれるのか楽しみなのですが、まだ若干目が慣れていないのか不自然な感じがしてしまいます。それも数回すれば慣れるのでしょうが。 初陣ということもあり血気にはやっている状況は、官兵衛の若い頃と一緒なのですが、それでも子供から父のように調略をしてばかりではなく、正々堂々と戦いたいと批判が飛び出し始め、ありがちな父と子供の冷戦状況になってしまうのではないかと密かに危惧しています。今まで一... [続きを読む]

受信: 2014年6月29日 (日) 22時45分

« 軍師官兵衛「栄華の極み」 | トップページ | 軍師官兵衛「高松城水攻め」 »