« 軍師官兵衛「高松城水攻め」 | トップページ | 軍師官兵衛「天下の秘策」 »

2014年7月13日 (日)

軍師官兵衛「本能寺の変」

さあ、やってきました最大の山場。

明智光秀の「敵は本能寺にあり!」

からはじまり、光秀の謀反を知った信長が

「是非にあらず!」

というのはもはや戦国時代劇における様式美ですね。

濃姫と共に応戦しますが、力尽き、炎の中で敦盛を謡いながら自刃する信長。

頸動脈を斬りつけるのは竹中直人氏が演じる「秀吉」の大門団長渡信長へのオマージュでしょうか。

そしてその知らせを聞いた官兵衛。

毛利方の安国寺恵瓊を呼び出し、和平工作をすすめます。

全ては光秀を倒して秀吉に天下をとらせるためです。

野心に満ちたイメージどおりのブラック官兵衛です。

そうです、視聴者はこれを待ってたのですよ!(゚∀゚)

いよいよ中国大返しです。いやーこの辺は展開が分かっていても、戦国ファンならwktkしちゃいますね。

|

« 軍師官兵衛「高松城水攻め」 | トップページ | 軍師官兵衛「天下の秘策」 »

コメント

お久しぶりです!秀吉に天下取りを吹き込むとこは名場面ですね。その場面で小1の長女に解説させられてました。「この人なんで泣いてるの?」「2人のボスの信長が家来の光秀って人に裏切られて殺されて」「裏切るって?」「信じてたのに急に敵になってん」「官兵衛は秀吉に何を言ってるの?」「泣いてる場合じゃない。敵をやつけて日本一になれー。頑張れ。って言ってるねん」とまぁ、師匠、こんな感じでよろしいでしょうか?(笑)

投稿: つぐみ | 2014年7月14日 (月) 00時01分

>つぐみどの
おっけーです!素晴らしく分かりやすい解説!
そうやって歴史に興味をもって
大河ファンになるよう、洗脳を繰り返して
くだされ(笑)
これからのブラック官兵衛が楽しみです!

投稿: rin2@nara | 2014年7月14日 (月) 22時58分

洗脳にはげみまっす(笑)
この場をかりて、聞きたいんだけど、小1の子が歴史の導入になるような本ってやっぱり、まんが日本の歴史位かな?本屋に行ったら、各社からまんが日本の歴史が出てて選びきれず帰ってきました。何かオススメがあれば教えて〜。

投稿: つぐみ | 2014年7月15日 (火) 22時18分

>本能寺の変
地上波ではまさかの直前特集までやってましたよ。しかし今年もわりとペース遅くないですか?こっからも色々あるのに

あと今回寺が燃えるのは明智軍の火矢でしたね。信長サイドが首を渡したくないから「火を放て」なイメージだったので意外な感じがしました。あとドッカ~ンでなくてよかったです。

内田濃姫が最期まで素敵でした。また大河出てほしいっす。

>ブラックかんべえ
悪魔のささやきですかといわんばかりの迫力。見ごたえありました。秀吉に会いに行く前に一人で考えるシーンも加えてくれたのも気に入りました。

中国大返し楽しみです。ついでに伊賀越えも密かにエールを送りたひ。

投稿: らむね | 2014年7月18日 (金) 02時36分

>つぐみどの
歴史の勉強にいいので、おすすめは
まんが日本の歴史です。
個人的にお勧めは小学館から時代ごとに
出てるシリーズですkねえ。
子ども向けですが、
大学入試レベルまで対応できる内容です。
ただ、私が読んでた頃と比べて学説も
変わったりで改訂されてしまったようですが。
絶版になってしまったんですが、これの
歴史人物バージョンもあってかなりの
ハイクオリティでした。

>らむねどの
>>どっかーん
(゚∀゚)
>>内田濃姫
どうも江口信長と並ぶと福山雅治も
加えたくなりますが。(ひとつ屋根の下)
姫合ってますね。大河は初登板でしょうか。

>>ペース
クライマックスを関ヶ原のどさくさに
まぎれての九州斬り取りにもってくなら、
こんなもんかなあと思いますが。
小田原城攻め以降の朝鮮攻めとかは、
このご時世、はしょりそうな感じですし。

投稿: rin2@nara | 2014年7月19日 (土) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/59980150

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「本能寺の変」:

» 軍師官兵衛 第28回「本能寺の変」 [あしたまにあーな]
とうとうその時がやって来ます。最近NHK番組なのに視聴率が騒がれていますが、好調の要因を岡田准一の演技に見いだしたりしているのですが、自分はやはり物語として日本人は戦国の誰でも知っているこの本能寺の変や中国大返しといった出来事が出てくると見たくなるからなのだと思います。おそらく演技のすばらしさや脚本が魅力的というのは二次的なものでしかないのではないでしょうか。久しぶりに見たいと思ったとき、その出来事がよく知っていることであれば、きっと見たいと思うでしょう。逆ももまたしかり。 それでは、大河ドラマは誰... [続きを読む]

受信: 2014年7月13日 (日) 22時25分

« 軍師官兵衛「高松城水攻め」 | トップページ | 軍師官兵衛「天下の秘策」 »