« 軍師官兵衛「天下の秘策」 | トップページ | 夏休みがやってこない。 »

2014年7月27日 (日)

軍師官兵衛「中国大返し」

友人にホノルルマラソンに誘われたことをきっかけに、年に数回程度、マラソン大会に出ております。まあかといってほとんど練習せず、基本的に完走がやっとなのですが。でもマラソンやってて楽しいのは沿道の声援と、給水や給食!

大阪マラソンでは西成のおばちゃんらがお菓子配ってくれたのが励みになりました。

そんなこんなで戦国マラソンの代表格といえば、中国大返し!

沿道の人々の声援と炊き出しは大いに兵たちの励みになったことでしょうよう。

おにぎりがむっちゃ美味しそうでした。

登山をやってると、おにぎりの補給力は半端ありません。パンとは違います。
万歳日本食ですよ。

という訳であっという間に京へ戻ってきた秀吉軍。

そして高山右近はじめ、信長恩顧の摂津の大名たちも秀吉軍に味方します。

まさかこんなに早く戻ってくるとは思わなかった明智軍。やはりこの迅速の速さが勝敗のカギとなったのは間違いございませんね。

有名な秀吉の吉兆占いのエピも描かれ、お金バラマキで秀吉軍は意気軒昂。

山崎の戦いで明智軍はあっという間に敗走。

信長を討ってから10日ちょっとの話で、あの世で光秀と会った信長はさぞかしびっくりしたのではないでしょうか。

さて、こっから秀吉の天下とりがはじまります。

|

« 軍師官兵衛「天下の秘策」 | トップページ | 夏休みがやってこない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/60054145

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「中国大返し」:

» 軍師官兵衛 第30回「中国大返し」 [あしたまにあーな]
毛利と和睦した前回から急速に存在感を失ってしまった毛利勢。今回登場したのは小早川隆景と吉川元春のみで、それもシーンの主題は足利義昭に関するものであり毛利家に関する内容ではなかったため、暫く登場の機会はなさそうです。個人的には鶴見辰吾さんの演技がもの凄く好きだったので、残念でなりません。 当然ではありますが今回の題名は中国大返し。ということは迫り来る秀吉勢に対して光秀がどのように待ち受けるのかが焦点になってきます。さすがに題名になっているだけあって、山陽道をひた走る秀吉勢を実に細かく描いていました。途... [続きを読む]

受信: 2014年7月27日 (日) 23時37分

« 軍師官兵衛「天下の秘策」 | トップページ | 夏休みがやってこない。 »