« 夏休みがやってこない。 | トップページ | 軍師官兵衛「傷だらけの魂」 »

2014年8月10日 (日)

軍師官兵衛「天下人への道」「さらば父よ」

中国大返しから山崎の合戦ときて、さらに清州会議に柴田勝家との賤ヶ岳の戦いと盛りだくさんでさくさく進みます。

お市の方がちょい出しで、あっという間に秀吉の天下取りまでいきました。

さりげに登場した千宗易こと千利休ですが、中の人が竹中秀吉のときの黒田官兵衛役だったデスラー総統こと、伊武雅刀さん!

狙った配役がNHKクオリティ全開っっっ!!!(ジョジョ風に)

(゚∀゚)

そして再びの登場となった荒木村重。実は逃げのびて文化人として名を残したのは有名な話ですが、千宗易の弟子として再会した憑き物がとれたかのように達観した感じになってました。

さて、勝家亡きあと登場した浅井三姉妹。
いつぞや主役になってた江は赤ん坊のはずですが、幼女に成長していました。
まあこの辺はオマケでここはやはり茶茶ですよ。

出てきた頃はニセ宮崎あおいとネットでは言われていましたが、最近は某映画賞の主役で今、若手女優の注目株の二階堂ふみさん。

親の敵と秀吉に斬りかかる気の強さです。

ちなみに彼女は2年前の大河にも結構有名どころの人物で登場していたのですが、記憶にある方はいますかね?

秀吉が権力を手に入れていく中で台頭する石田三成はおヒゲがついて貫禄UP。
小牧長久手の戦いで家康に敗れてしまいましたが、その秀吉からの寵愛もUP。
中国大返しでの官兵衛の強かさに恐れをいだきつつある秀吉も垣間見るようになってまいりました。

そんな中、長政の成長と、陰ながら黒田家を支えてきた職隆パパが静かに退場。
最後まであぶ刑事は封印してましたね。(笑)

ところでちょい役登場の長曾我部元親。
名前は出てきても、姿が出たのは大河では結構珍しいのでは。
四国の戦国大名ではかなりの有名どころなんですよね。

|

« 夏休みがやってこない。 | トップページ | 軍師官兵衛「傷だらけの魂」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/60130268

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「天下人への道」「さらば父よ」:

» 軍師官兵衛 第32回「さらば、父よ!」 [あしたまにあーな]
徐々に官兵衛から離れ三成の方によっていく秀吉の片鱗を見ることができます。小牧長久手の戦いは官兵衛にとっては直接関係のない出来事だったので軽く扱われていましたが、惨敗した後に三成は面目を保つために再度家康と戦うことを進言。それに対して官兵衛は家康の強さを分析し、兵力の問題ではなく機が熟していないと判断し敗退するのですが、どちらが理路整然としているかは一目瞭然であり、三成に従っていれば秀吉の天下は志し半ばで終わっていたかもしれません。 やはり石田三成という人物は与えられた仕事を完璧にこなす能力は高いので... [続きを読む]

受信: 2014年8月10日 (日) 22時28分

« 夏休みがやってこない。 | トップページ | 軍師官兵衛「傷だらけの魂」 »