« 羅臼岳登山と道東の旅 | トップページ | 九州の旅と久住山登山 »

2014年9月 7日 (日)

軍師官兵衛「試練の新天地」

九州を平定したものの、秀吉はバテレン追放令を出します。

しかし、信仰することだけは許す、とのことでキリシタンである官兵衛や小西行長は特におとがめなしになります。

しかし、布教できないことに対して反対する高山右近は、その信仰に順じて国外退去の道を選びました。

そして黒田家の国替え。

先祖代々の土地を移りたくない宇都宮一族はそのまま豊前の国に居座ってしまいます。力で制するべきだ、との長政たちですが、じっくり時間をかける方針の官兵衛。

やがて力で肥前を抑えていた佐々成政は一揆をおこされてしまい苦労するはめに。それの助っ人にかりだされた官兵衛と小早川隆景。

その間を縫って宇都宮勢が攻めはじめます。

一度は官兵衛によって一気に攻め入ろうとする長政達を抑えましたが、隙を見せた瞬間、長政が攻め込みにいってしまいます。若いとどうしても攻めの姿勢になりがちで、おっとり待つ父の方針に待ちきれなくなってしまうのは仕方ないですが。

朝鮮攻めフラグも見せ始めた秀吉と官兵衛の亀裂も徐々に表れてきます。

そしてあいかわらず不気味な家康。

北野の大茶会はちょっと話が出てきたので映像化してほしかったですが。。。

予算的にはしんどかったのでしょうかw

あ、一度は退場の危機にあった光の侍女おふくさんが結局お供してくれることに。
ベテラン女優の阿知波悟美さんの存在感は名脇役の鏡です。

|

« 羅臼岳登山と道東の旅 | トップページ | 九州の旅と久住山登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/60278166

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「試練の新天地」:

« 羅臼岳登山と道東の旅 | トップページ | 九州の旅と久住山登山 »