« 軍師官兵衛「紀井谷の悲劇」「追い込まれた軍師」 | トップページ | 軍師官兵衛「男たちの覚悟」 »

2014年10月 8日 (水)

軍師官兵衛「跡を継ぐもの」「小田原の落日」

丁度1年前小田原に参りまして。

城は夜遅かったので閉まってましたが、結構な大きさだったのを覚えております。

さて、秀吉の警戒をいち早く感じ取った官兵衛は隠居を決意。周囲に驚かれますが、これも黒田家のため、と押し切ります。

そして茶々を侮辱した疑いのあるものを片っ端から罰していく秀吉を、北政所の願いによりいさめる官兵衛は、家督を譲ることは許されたものの、秀吉に隠居は許されず、個人的に仕えるということになりました。

優秀なリーダーは自分に反抗する部下を側に置く、とは言いますよね。まだ秀吉にもその志が残っていました。

しかし、茶々が秀吉の世継ぎを産むとそんな気持ちもなくなり、暴走がはじまります。もうこの辺は竹中氏が喜々として演じてらっしゃるのがよくわかります。秀吉が主役の時はNHKの主役補正であまりダークな部分は出さなかったので、今回はそれを取り戻すかのような感じでステキです。そして石田三成の気に食わないっぷりと茶々の悪そうなところといったらステレオタイプでこれもステキですよ。久々にこういう描かれ方をされているのは逆に新鮮ですたい。(゚∀゚)

意外と今回、忘れられずに描かれているのが、秀吉の弟、秀長。
権力者としての兄を心配する様子がみてとれます。

そんな中で迎えた天下統一の総仕上げの小田原の北条攻め。
ようやっと第一回のところに戻ってきたわけですが。

ところで、三成が攻めるのに失敗したという小田原方の忍城。映画、「のぼうの城」で有名になってご存知の方も多いと思います。そうです、水攻めにも屈せず、唯一秀吉に負けなかった成田氏です。ちょこっと出てくれたのは戦国ファンとしては嬉しいですたい。
(´∀`)
三成の戦ベタを伏線として、小田原城は官兵衛の単身説得により開城。

しかし、領地安堵の約束をしていたにも関わらず、秀吉の処置はそれを反故にするものでした。官兵衛の立場がありません。

いよいよ秀吉の暴走が始まってしまいますねえ。
そして福島正則や長政たちの北政所派閥の結束など関ヶ原への伏線がどんどん張られてまいります。ラストスパート、という感じですねえ。

|

« 軍師官兵衛「紀井谷の悲劇」「追い込まれた軍師」 | トップページ | 軍師官兵衛「男たちの覚悟」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/60445992

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「跡を継ぐもの」「小田原の落日」:

« 軍師官兵衛「紀井谷の悲劇」「追い込まれた軍師」 | トップページ | 軍師官兵衛「男たちの覚悟」 »