« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月29日 (月)

氷ノ山雪山登山

せっかくの長めの年末年始休暇、ということで登山へ。今回は珍しく百名山以外で、山陰の氷ノ山山域へ。スキー場で有名な地域です。中学生のときの合宿で隣の鉢伏山に行って以来。

夏山ならファミリーハイクに丁度いい山ですが、山陰の冬は積雪がすごいらしく。
雪山訓練も兼ねて氷ノ山に登ることにしました。数年前、積雪期の荒島岳(福井県)で装備をほとんどもたず苦労したことを踏まえ、今回はアイゼンにスノーシュー、ピッケルと完全装備で望みました。が、ここでとんでもないアクシデントに!

登山をするおじさんにアイゼンを借りたついでに、これももってき、と貸してくれた未使用のスノーシュー。聞けば数年前に買ったはいいものの、使ってなくてタグがついたまま。
そのまま車に入れて持ってきました。

使うほどの雪かどうかわからんかったんですが、それをリュックに入れて駐車場から徒歩20分ほどの登山口へ。

登山口に着くと、かなり雪深かったので使うことにしてそのスノーシューを出した瞬間、

バキッバキッ!!

?(´Д` )

ん?

スノーシューの留め具がバラバラに!

Σ(゚д゚lll)ガーン

どうやら使わないままだったので経年劣化して、さらに雪山の気温差で痛恨の一撃!

使い物になりまへんやん!

使えないものを持って登るのは無駄で、また20分歩いて車まで戻しに。
これで1時間のタイムロス。

。・゚・(ノД`)・゚・。

午後から天気が崩れる予想だったのでこれは痛い!

もう登山やめてスキーでもして帰ろうかと思いましたが、うまいこと先行者のトレースを辿ることができたこともあり、まあ行けるところまでアイゼンでがんばろうと、登り始めました。

トレースがあるとはいえ、それでも雪で足は沈む沈む。山陰の雪は手ごわい!
このあたりは積雪がメートル単位だそうですね。大阪ではありえへん!

Img_4434

何回か雪を踏みぬき、腰まで埋まること数回。そうこうしつつも、先行者に追いついてしまいました。この人がワカンでトレースを付けてくれてたおかげで私も歩けましたが、この人より前は誰もおらず、ラッセルになってたそうです。
※ラッセル、要は雪かき。

Img_4435


聞けば、何度か急傾斜ですっ転んで大変だったとか。いやあ、でもこちらは助かりました、ありがとうございます。ちょうど追いついたあたりからは斜面が急で普通に登れるらしく、ここで休憩していくという彼を追い抜き先行しました。雪の急斜面は普通の登山口より足が沈む分、体力が倍かかります。

ひーこらいいながら30分ほど、なんとか氷ノ山越の避難小屋へ到着。稜線へ出ました。ちょっとここで一服して、再び山頂を目指します。こっからまだ2kmだって。

Img_4443


はるかかなたに山頂の避難小屋が見えます。

(´Д⊂ヽ

そして稜線は、ここまで以上の雪。足をとられるし、トラバース気味のところは怖いし。
とにかく登りがキツイ。ひーこらいいながら、なんとか稜線に出てから1時間半かかって登頂。ちょうど雲行きもあやしくなってきました。寒いし、誰もいねえ。
(途中で数人とすれ違ったので、私がたぶんラスト。)

Img_4452

雪と風のすごさが分かりますね。

Img_4450


景色はガスる前になんとか撮ることができました。

Img_4454


いやあ、銀世界!

Img_4441

撮影と休憩をちょこっとしてすぐに下山。
下りは転んでも大丈夫なんで早い早い!
夏道のコースタイムより早かったのではなかろうか。
丁度下山できたタイミングで雪が降ってきました。なんとかセーフです。

Img_4447

いやあ、雪山はまだまだ訓練がいりますねえ。
っていうかあとで調べて分かったのですが、スキー場のリフトを使えばもうちょっと楽に登れたみたいです・・・。まあ、訓練兼ねてるからいいかあ、と思うようにしました。

今回の登山口は鳥取県側の若桜町から。ノーマルタイヤで心配でしたが、スキーシーズンなので道は融雪剤が撒かれてたり、水を(洪水並みや!)流してくれてたのでノーマルタイヤで行けました。スキー様様です。

久々にスキーもしたくなりましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

軍師官兵衛「乱世ここに終わる」

乱世ここに終わる

さて、一週おいての最終回です。とりあえず、今年もなんとかコンプリートできました。
さて、関ヶ原と九州。
戦国もののお約束のシーンがふんだんに使われました。それにしてもせっかく出した大谷吉継の出番がなくてがっかり。関ヶ原で一番奮闘した人ってこの人と島左近だと思うのですが。時間の都合でカットになってしまったと思いたいでござるよ。どちらにつくか悩んでた小早川秀秋ですが、これもお約束の家康の威嚇砲撃に負けて、裏切ります。
それをきっかけに攻め寄せる黒田長政軍。大崩れする三成方の西軍。
決着は一日でついてしまったのでございました。

九州を左団扇気味で進軍する黒田如水軍。そこへ関ヶ原の合戦結果の報が入ります。
予想よりあまりにも早い決着にただただ悔しい如水。如水の天下取りの夢は幻に終わったのでございます。
それにしても最終回ではめずらしく、ロケな合戦(しかも新撮り)が多かったですね。大体大河の終盤って予算がなくなってロケが少なくなり、最終回のワンシーンくらいを思い出したかのようにロケになるというパターンが多かったのでございますが。

というわけで。
活躍した長政と如水の有名な会話もでてきましたし。

家康に会った如水。その野望を見破られていた如水は、家康に天下をどうするつもりか尋ねます。天下泰平のため、私利私欲はないとの答えに如水は負けを認めます。ここに、軍師官兵衛の戦いは終わりました。

その後、静かに息を引き取った如水。
・・・と思ったら時代は進み大坂夏の陣まで。
まさかここまで話が続くとは思ってませんでしたが。最終回の延長15分がこの話なのがすごい。ウルトラC。確かに乱世の終わりはどうしても大坂夏の陣になってしまいます。この辺、大坂の陣の前に亡くなった山内一豊のパターンと同じです。というわけで、さり気に後藤又兵衛(地元河内地域の有名人!)の最後まで描かれ、家康の天下統一は仕上げを迎えたのでありました。
前の晩にプリンセス・トヨトミの映画がやってたんでタイミングのよさったらないですよね!

さてさて一年を総括すると可もなく、不可もなく、という感じの大河ドラマでした。GOとかみたいに突っ込みどころが多すぎてぶっとんでるわけでもなく、マニアックな脚本にわくわくする清盛ほどでもなく、映像に凝った龍馬伝ほどでもなく、という感じです。
一言でいうと地味、だったなと。(ほめ言葉です)

来年がさらに地味なので、というかなぜか高杉晋作が吉田松陰になってるとかいう既視感のある(以下略)
早くも気持ちは再来年の真田さんですが。というか大坂の陣で真田さんが一切でなかったのはこの布石ですか、

なんつったり。

戦国→幕末→戦国→平安末期→幕末→戦国→幕末→戦国→

さて、3年後の舞台はどの時代になってるでしょうかねえ。

とりあえず、みなさんお疲れ様です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

憲法9条を考える。

「師走の選挙は洗濯なし。」

坂本竜馬の名言などいろいろ引っかけてみましたが、いかがでしょうか!(笑)

それにしても衆議院選挙、面白くない選挙でした。うちの地元は自民、共産、維新の三択。これぞ大阪の最少縮図!と言う感じではないでしょうか。

自民党の与党安泰、大義なき選挙、などといいますが、まあ解散は総理大臣の権限なわけで、これで消費増税が1年半先延ばしにされました。景気回復への猶予を伸ばすことに国民の承認を得た、とのことですが。

あと4年の政権の安定が保証されたわけです。

景気対策の問題の陰で憲法改正を目標にしている安倍総理大臣。

その草案が自民党のHPでも見ることができます。

https://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

9条のあたりがぶっそうなものになってる印象です。

要は国権による戦争を国際紛争を解決する手段として永久に放棄しているものが、それを自衛のためなら戦争もするで~という文言になっているわけです。まあ戦後すぐの国際情勢とは状況が変わり、近隣国(あえてどことはいいませんが)の軍備拡張や侵略を牽制していることはわかるのですが、どうしても目には目をの方式になっていると言わざるを得ません。

平和国家を標榜しておきながら、世界でも最強の部類に入る自衛隊を持っていること自体、憲法上どうよ、という基本的な問題もありますが、それは決して戦争をしないという言葉でギリギリの整合性を保っているはずです。

これが、やられたら、やり返す準備があるという自衛のための戦争を認める憲法になったのなら、たとえ戦争に負けて押しつけられた憲法であれ、唯一の被爆国で世界中を相手に戦って負け、その反省から戦争を永久に放棄したという平和国家・日本の価値を置き去りにしていくいるような気がしてなりません。

たとえ隣国の脅威があったとしても、そこへ同じレベルで売られた喧嘩を買うのは先進国としてあってはならないと思います。刀には鞘を持って制すこと、それが本当の平和国家としての役割ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

軍師官兵衛「如水最後の勝負」

関ヶ原前夜でございます。

次々と東軍側へとつくよう工作する長政。

長政の兜のデザインがイケてないことには突っ込まないであげてください。。。(笑)
当時はあれがかっこよかったんです!

個人的には戦国武将の兜でかっこいいと思うのは、
伊達政宗、徳川家康、井伊直政あたりでしょうか。加えて井伊の赤備えはやっぱり映えますね。
さて、兜談義は置いといて。

その一方で九州を切り取りに進撃する如水。

戦国における進撃の巨人です!(読んだことないけど。。。)

そして三成から如水を止めるように派兵され、お家再興を目指す大友義統。そして唐突に出てきた大友軍の猛将、吉弘統幸。一時期黒田家に食客として身を寄せていたそうな。

今年の大河の悪いところは、どなたかのブログでもありましたが、人物設定が甘い!いきなりセリフとかでその経緯を説明されて出てくる人物が多すぎますよ。
大谷吉継とか小早川秀秋とか。さすがに小早川秀秋は有名な人物なので、いきなり登場しても視聴者の大半はわかるでしょうが。

しかし、武士を演じるには定評のある的場さん、井上九郎右衛門との対決とその散りざまはかっこよかったですよ。毛利元就の時はオリジナルのかき回しキャラだったのがここまで。

・・・そういえば、最近は大河の狂言回し的で主人公にまとわりつくオリキャラはここ数年いませんねえ。あ、平清盛の兎丸がいたか。

そして大友を降伏させ九州を席巻する如水。

そんなこんなで関ヶ原です。
すでに西軍はバラバラですねえ。関ヶ原のみどころ、といったら西軍のほうがいいですよね。島津の敵中突破とか、大谷吉継の奮戦とか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

軍師官兵衛「天下動乱」

ちゃんと日曜の夜は家にいても18時のBS先行放送を見て、鉄腕DASH→イッテQという流れの中、ついつい感想を書き忘れてしまいます。

というわけで残り2回!選挙で最終回を翌週にしてくれたNHKの英断に拍手です。
悲しき自治体職員は開票事務で見れないところでしたもの。

と、いうことで関ヶ原。

九州で兵を集める如水と家康に従う長政。長政はせっせと東軍の味方を増やすためにせっせと諜略にはげみます。

一方の如水はと言うと九州を切り取って勢力をつけ、石田方と徳川方、勝った方に決戦を挑む天下取りの大勝負に出ることにしたのでした。

この如水の計画は歴史のとおり、叶わないのですが。しかも息子の活躍のせいで。
是非とも決戦を見てみたかったドリームマッチのひとつでございます。

と、その前の今回のメインは奥方たちの脱出大作戦でした。

妻子を人質にとられては、との思いから家臣たちの工作により密かに中津まで逃げ出した光と栄。

ちなみに火の手があがってた細川邸ではあの有名なガラシャの自害があるわけです。
このガラシャの自害のために、石田方は無理に人質をとりにくくなったのも関ヶ原の敗戦の遠因でもありました。

さて、決戦は関ヶ原ではなく九州ですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »