« 憲法9条を考える。 | トップページ | 氷ノ山雪山登山 »

2014年12月21日 (日)

軍師官兵衛「乱世ここに終わる」

乱世ここに終わる

さて、一週おいての最終回です。とりあえず、今年もなんとかコンプリートできました。
さて、関ヶ原と九州。
戦国もののお約束のシーンがふんだんに使われました。それにしてもせっかく出した大谷吉継の出番がなくてがっかり。関ヶ原で一番奮闘した人ってこの人と島左近だと思うのですが。時間の都合でカットになってしまったと思いたいでござるよ。どちらにつくか悩んでた小早川秀秋ですが、これもお約束の家康の威嚇砲撃に負けて、裏切ります。
それをきっかけに攻め寄せる黒田長政軍。大崩れする三成方の西軍。
決着は一日でついてしまったのでございました。

九州を左団扇気味で進軍する黒田如水軍。そこへ関ヶ原の合戦結果の報が入ります。
予想よりあまりにも早い決着にただただ悔しい如水。如水の天下取りの夢は幻に終わったのでございます。
それにしても最終回ではめずらしく、ロケな合戦(しかも新撮り)が多かったですね。大体大河の終盤って予算がなくなってロケが少なくなり、最終回のワンシーンくらいを思い出したかのようにロケになるというパターンが多かったのでございますが。

というわけで。
活躍した長政と如水の有名な会話もでてきましたし。

家康に会った如水。その野望を見破られていた如水は、家康に天下をどうするつもりか尋ねます。天下泰平のため、私利私欲はないとの答えに如水は負けを認めます。ここに、軍師官兵衛の戦いは終わりました。

その後、静かに息を引き取った如水。
・・・と思ったら時代は進み大坂夏の陣まで。
まさかここまで話が続くとは思ってませんでしたが。最終回の延長15分がこの話なのがすごい。ウルトラC。確かに乱世の終わりはどうしても大坂夏の陣になってしまいます。この辺、大坂の陣の前に亡くなった山内一豊のパターンと同じです。というわけで、さり気に後藤又兵衛(地元河内地域の有名人!)の最後まで描かれ、家康の天下統一は仕上げを迎えたのでありました。
前の晩にプリンセス・トヨトミの映画がやってたんでタイミングのよさったらないですよね!

さてさて一年を総括すると可もなく、不可もなく、という感じの大河ドラマでした。GOとかみたいに突っ込みどころが多すぎてぶっとんでるわけでもなく、マニアックな脚本にわくわくする清盛ほどでもなく、映像に凝った龍馬伝ほどでもなく、という感じです。
一言でいうと地味、だったなと。(ほめ言葉です)

来年がさらに地味なので、というかなぜか高杉晋作が吉田松陰になってるとかいう既視感のある(以下略)
早くも気持ちは再来年の真田さんですが。というか大坂の陣で真田さんが一切でなかったのはこの布石ですか、

なんつったり。

戦国→幕末→戦国→平安末期→幕末→戦国→幕末→戦国→

さて、3年後の舞台はどの時代になってるでしょうかねえ。

とりあえず、みなさんお疲れ様です!

|

« 憲法9条を考える。 | トップページ | 氷ノ山雪山登山 »

コメント

一年お疲れ様でした。
秀吉が亡くなってからの官兵衛の天下取りの欲むきだしの豹変っぷりに少し違和感かんじなかった?まぁ長政との有名などっちの手?〜の会話のためには必要だったのかなぁ。。今まで穏やかに描きすぎたのか?とか。。
最後まで、家康さんがアイス食べてるcmの印象が抜けないまま、終わってしまいました^_^;

一時ハマった恋愛ゲームの影響で、幕末系大河結構楽しみな私です(笑)

投稿: つぐみ | 2014年12月22日 (月) 02時16分

>つぐみどの
お疲れ様です。^^
アイス家康様は私も思ってました。
おいしいですよね、パル〇(笑)
どっちの手~のエピソードと長政の
陣羽織を三成にかけるシーンは
はNHKとしては
外せなかったような気がします。
ただ官兵衛の野望を出すところは
もうちょい早くしてくれたら、と思いましたねえ。
個人的に幕末の長州は某流浪人漫画の影響で
イメージが固まってしまっております^^。

投稿: rin2@PC | 2014年12月23日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/60845815

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛「乱世ここに終わる」:

« 憲法9条を考える。 | トップページ | 氷ノ山雪山登山 »