« 花燃ゆ「志の果て」 | トップページ | 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」 »

2015年2月14日 (土)

キャリーバッグなんていらない。

さて、無事に欧州から戻ってまいりました。

最近思うのは海外でも国内でも旅に出ると、キャリーバッグ所持率の高さに驚きます。

ひとむかし前なら海外旅行=スーツケースのイメージで、国内ではそうそう見かけなかったのですが、最近の多いこと多いこと。

ちなみに私は前々から申し上げているとおり、この手のガラガラケースは持っておりません。ワーホリでも持っていかず、旅はバックパックで通しました。

理由はひとつ、嫌いだからです。(゚∀゚)

なにせ道によってはガラガラ音がうるさいし、ホテルにこれを置くか、どこかで預かってもらわないと身軽に行動できない、場所をとって通行人のジャマになる、階段の昇降が面倒、いかにも観光してます感を出してる、などなど嫌いな理由はたくさんです。

でもたしかに便利ですよね。
荷物をたくさん持って行けるし、何より引っ張るだけで楽に運べるし。何より鍵がかけられるので治安の不安な海外では安心できます。

それでもこれを使いたくない私は、旅における軽量化を目指し、旅において試行錯誤を繰り返しているのです。(笑)

そんなこんなで、旅の軽量化を目指したいそこのアナタ!
私の軽量化への道をご紹介いたします。

1.着替。
下着は3日分。(パンツのみ4日分)+パジャマ、服は2日分(夏場の場所だと3日分)。
こんだけあれば何日の旅行でも大丈夫です。荷物で一番スペースをとるのが着替えです。
海外でもオシャレをしたいのなら何もいいませんが、特に普段と変わりないのであれば、着回しと洗濯でなんとかなります。洗剤(粉末が軽いので望ましい)を使わなくなったフィルムケースに入れて持ち歩いています。同じホテルに2泊以上するのであれば、ちゃんと乾きますし、干すところがないときのためにビニールひもを2m半分ほどもってくればどこでも干せます。下着が一組減るだけで荷物もぐっと減るわけですから。
夏場は同じズボンだと気持ち悪いので着替えに短パンを持ってます。これもポリエチレン系にしてるので軽くなります。洗濯しやすく、軽い素材の服を持っていくのがポイントです。ひもは荷物をくくったりもできるし、様々な用途にも使えます。

2.タオル
シャワーで体を洗う用1枚とスポーツタオル1枚のみ。
バスタオルは大体どこの安ホテルにもついてますのでかさばるバスタオルは持ってくる必要ありません。

3.洗面用具・化粧品
こればっかりは海外だと合わない・無い場合が多いので、どこにでも売ってる旅行用のを持ってます。化粧水なども小分けにして入れてます。ジップロックに入れているので飛行機持ちこみもスムーズです。

4.貴重品
財布、眼鏡、パスポート、充電器、クリアファイル、デジカメ
この辺は大事なので別の小さい肩掛けカバンに入れてます。財布も現地で使えるキャッシュカード、以外のカード類は全て日本に置いてます。あとよく海外で変圧器を持っていかないと、と思っている人がいますが、携帯やパソコンはプラグさえ訪問国に合わせれば大体使えるのでほとんど必要ありません。クリアファイルはチケットや航空券などをなくさないようにするのにひとつあると便利です。A4サイズだと荷物にまぎれるので、半分にたためるA5以下のサイズがよいでしょう。

カメラに関しては一眼レフなどのこだわりがある場合、どうしても荷物になってしまいますが、わたしの場合、デジカメとiphoneで十分なので、必要ありません。

5.その他
エコバッグ、耳かき、綿棒、薬、カイロ
旅先で土産を買って、かばんに入らない場合はエコバッグを持っていくと便利です。そしてエコバッグに入りきらないほどの土産は買うのを止めるか、郵送しましょう。
薬類に関しては腹痛対策だけはどうしても必要なので陀羅尼介と下痢止めを持って行ってます。これも箱から出して数錠分に小分けにしてます。服をたくさん持たない分、防寒対策にカイロを持っていきます。最近のは1日以上持ちますので重宝します。
あと、女性だと月のものの対処が必要になってくると思いますが、とりあえず、2日分ほど持ってあとは現地調達をお勧めします。これこそ売ってない国はないと思います。(^^;

で、とりあえずこのへんを以下のバッグに詰めるわけです。

Bag

どうでしょうか。
キャリーバッグが必要ないことがおわかりでしょう?(笑)
キーは洗濯と不必要なものは持っていかないこと、です。
どこかのサイトで見ましたが、旅は非日常を体験するもので、旅先でも日常を維持しようとするほど寂しいこともないとか。多少の不便は工夫で乗り越えればいいわけで。
海外でもよほどの途上国に行かない限り、日常生活は私たちと一緒で、日用品はどこでも売ってるわけですから、現地で買えばいいんです。

|

« 花燃ゆ「志の果て」 | トップページ | 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/61136997

この記事へのトラックバック一覧です: キャリーバッグなんていらない。:

« 花燃ゆ「志の果て」 | トップページ | 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」 »