« キャリーバッグなんていらない。 | トップページ | ロンドン半日旅 »

2015年2月15日 (日)

花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」

野山獄編って感じですね。

「女囚」ときけばさそり、としか思いつかない私でございます。

色々な人が収監されている獄ですが、その中の女囚、高須久子さんの娘を巡るお話でございます。

主人公文ちゃんがあれやこれやと世話して回って、ようやく母と子の対面がかなった、というところでしょうか。

まあ憎んだ相手ほど忘れない、これは正論でしょう。悪い人や思い出ほど忘れようとしてもわすれられないことですから。

そしてそれに触発され、金子君の死にふさぎこんでいた寅次郎の目をも覚まさせます。獄の中での勉強会がスタートしたのでありました。

そしてそんな中、意見書をしたためた寅次郎。こりない男です。
桂小五郎をして藩士たちに広まり、出獄の動きが出てきます。

一方でJINこと小田村伊之助様は権力者、椋梨に嘆願し、寅次郎の出獄を認めさせたのでありました。このままでいい、という寅次郎でしたが、獄の仲間のはからいで出獄することにします。なんか映画のショーシャンクの空に、を思い出したのですが、ちょっと違うかしらん?(笑)

やっとこれで松下村塾ができるわけですね。

色々他につっこみどころがあったのですが、とりあえず、東山氏の主役オーラが半端ないです。

|

« キャリーバッグなんていらない。 | トップページ | ロンドン半日旅 »

コメント

お久しぶりです。今年も大河見てますよー。東山さんは大岡越前のイメージ強いけど、めっちゃ光ってるよねー。
泰三さんも大河の常連さんで今回いい味だしてましたー!ちょっとなんでも文の手柄にしすぎ感がすごいけど、楽しく見てまっす。今年もコンプリート頑張ってくださいね。

投稿: つぐみ | 2015年2月17日 (火) 23時46分

本編見てから気づいたんですがビデオにとってる「女囚」の回の番組説明に


『獄の中でも生まれ変わる白熱教室誕生』


て書いてありました(笑)おもろすぎです

投稿: らむね | 2015年2月21日 (土) 00時31分

>つぐみどの
ネプチューン原田氏はNHKのドラマに
何気によく出てますねえ。
芸人枠で重宝されてますなああ。
なんでも文の手柄・・・は
いつもの主役クオリティですねえ。
なんとなくあんまり嫌味に見えんのは
流石の井上真央さんってとこですか。。。
最近録画機器を買ったのでコンプリート
できるよう、がんばります!

>らむねどの
白熱教室ってNHK・・・。
マイケル・サンデル教授かよ!(笑)
でも俳優界の松岡修造こと、
伊勢谷氏の松陰は熱血具合がよく出てますね。

投稿: rin2@nara | 2015年2月22日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/61143443

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」:

« キャリーバッグなんていらない。 | トップページ | ロンドン半日旅 »