« 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」 | トップページ | スペイン旅行記(前編) »

2015年2月18日 (水)

ロンドン半日旅

さて、旅行の季節です。(大ウソ)

海外ではテロやら某中東の怖い軍団の脅威で、日本ほど安全なところはない、と思うこのご時世に海外旅行に行ってきました。

本来の目的はスペインなんですが、スペインが日本からの直行便がなく、どこかの国で乗り継がないといけないという。

そこでその乗り継ぎを利用して、前々から行ってみたかったロンドンに寄ってみました。

スペインで大学時代のサークル仲間と合流するという、究極の現地集合ですた。

いや~海外の現地集合ってわくわくしますよねえ。
無事に会えるかどうかとか。^^

さて、とりあえずはロンドンの話をば。
観光できる時間帯にロンドンに到着するため、ざわざわ羽田からのフライトです。
金をけちって夜行バスで東京まで行きました。そっから13時間のブリティッシュエアウェイズでのフライト。これはキツい!やたらとシートベルトに厳しい英国航空でしたよ。CAのおばちゃんにいちいちちゃんとしてるかチェックされますねん。
ネットの評判がイマイチでしたが、まあ私は特に何も思いませんでした。
日本より海外の航空会社のほうがよく乗るからそう思うだけですかね。
そら、日本のサービスを海外に期待するのは野暮ってもんです。

あんまりにも長いので映画を1本見ました。話題の「ゴーン・ガール」を見ました。なんかホラーなんだかミステリーなんだか。面白かったのは面白かったのですが、
女って怖えぇ。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

まあそんなこんなで現地時刻13時半頃にヒースロー空港へとーちゃくです。予定より15分ほど早く着いたのですが、空が込み合ってるから待機になったみたいで結局予定どおりでした。
さて、日暮れまで4時間程。できるだけロンドンを観光するぞ、てなことで。
・・・いきなり空港で迷いました・・・。
広い上に入国審査の場所がどうも分からなく。人もいねえ。
ようやくなんかの職員さんに出会えて聞いて、無事入国審査へ。
あわててて、でっかい看板を見逃していたという。
さらに「UK Border」を「UK Holder」と勘違いしてしまったりと。
で、ようやっと辿りついた入国審査で、

「あんた、明日にマドリードにいくねんな、入国カードにホテル書いてないけど、今日はどこに泊まるん?」

「ここ(空港)ですねん。(´∀`*)」

「-y( ´Д`)。oO○」

こんなやりとりを交わして、無事入国。

さて、市内への移動手段は一番安い地下鉄で。1日乗り放題券を買っていざ出発ですたい。
ロンドンの地下鉄は無茶苦茶初乗りが高くて700円くらいですねん。乗り放題のほうが断然安く。なんでも日本でいうイコカみたいなICカードを普及するために、こんなに高いみたいです。

日本より心なしか音が響くロンドン地下鉄に乗り、最初に向かうは

Img_4508

どーん!ビッグベンことエリザベス・タワー!

ロンドンといえばこれですよ。

そして、

P2070091

ロンドン・アイとテムズ川

小学生のときにシャーロック・ホームズシリーズをいっぱい読んだ私としては感慨深いものがありました。最近では名探偵コナンですね。

そしてロンドンといえば名物の

P2070097

二階建てのバスですよ。

TMネットワークの名曲「Still love her」の歌詞で知って以来、見てみたかったわけです。某元ジャンプアニメのEDに使われてあまりにも雰囲気が合っていたせいか、どうもこの曲は新宿周辺のイメージになってますが、本来の歌詞のイメージは冬のロンドンなのです。

そしてこの近くには

Img_4512

ウェストミンスター寺院!

ガイドブックの類をいっさい持ってこなかったので辿りつくのに一苦労でした。
感慨深いです。

そしてロンドン、寒い!(((゚Д゚)))ガタガタ

あんまりにも寒くて長い間外に出てられませんねん。

というわけで次の目的地は

Img_4521

ロンドン塔。

かのエリザベスⅠ世も在位前に幽閉されていたという場所。
UKの王朝の歴史を物語る場所でもあります。

そしてお隣には

P2070108

タワーブリッジ!

夕暮れの中どーんと建ってます。

とりあえず、日暮れでタイムリミット。

最終目的地は

Img_4522

世界最大級の博物館、大英博物館!

なんと運よく訪れた日は金曜日で、20時30分まで開館しています。(普段は18時までらしく。)
しかもここ、入館料は無料で、写真も撮り放題なんですよ。
大英帝国すげえ。
これだけは日本には真似できませんね。

とりあえず、お目当てで一番有名どころと言えば

Img_4530

エジプトのロゼッタストーン!

いやもう広くて広くて。ミイラだらけの部屋が数部屋あったりですよ。写真をとろうかなとおもったんですが、ファラオの呪いが怖くて撮れませんでした。
3時間近くいたのですが急ぎ足で見て回った感じです。
なけなしの世界史の知識をふりしぼっても全然展示物の量に知識がついていかず。
丸1日いたとしても全く時間が足りません。
世界中の宝物がある、というのは本当でしたね。

もう一回ぜひとも訪れたいです。

そして私の旅行先でのお約束、

ここでも開館時刻を尋ねられました。
(正しくは「まだ空いてるか?」)
別に分かってることを答えるのは吝かではないのですが、

どう見てもアジア人で観光客の私に何故みな尋ねるのだぁ?!^^;

そんなこんなで、スペイン行きの飛行機のチェックインは朝の4時。
空港で夜明かしするために空港に戻ります。
途中時差ボケで眠りこけ、地下鉄を乗り過ごし、
どこやねん!?Σ(゚д゚lll)ガーン
ってとこに行きついて隣の兄ちゃんに起こしてもらったというハプニングもありつつ。
なんとかヒースロー空港に戻ったのが22時頃ですた。
海外の空港での夜明かしは治安的なこともあって不安でしたが同じようなこと考えてる人がいて、空港の物価の高いカフェで晩御飯をすませ、待合のところで6時間ほど待機しました。
深夜の空港は掃除の人やらで別の意味でにぎやかでしたい。
インチョン・オークランドに続く3度目の空港夜明かしは無事に過ごすことができました。
しかし、体力的なことを考えると、ホテルに泊まったほうがいいですね。。。
でも物価の高いイギリスで、しかも明け方には出ないといけないのにホテルはもったいないなあと思い、体力より金をとってしまうどこまでも貧乏性な私でした。
でも英語圏の先進国ってのはやはり個人的にはかなり安心できますねえ。

さて、旅はマドリードに続く!

|

« 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」 | トップページ | スペイン旅行記(前編) »

コメント

興味深く拝読しました!
旅を存分に楽しんでいるご様子、
いい感じです!
でも、今はやっぱり治安のこともあるし
次はあんまり無理しないでね。

投稿: なおっぺ | 2015年2月21日 (土) 22時12分

海外ですから、いろいろ不安は
つきものです。行ってみないと
分かんないことだらけですね。
そして行ったら意外となんとかなることもあります。

投稿: rin2@nara | 2015年2月22日 (日) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/61159706

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン半日旅:

« 花燃ゆ「女囚の秘密」「放たれた寅」 | トップページ | スペイン旅行記(前編) »