« 花燃ゆ「戻れないふたり」 | トップページ | 早い桜 »

2015年3月29日 (日)

花燃ゆ「コレラと爆弾」

視聴率の割にはけっこうおもしろいと思うのですが、もったいない。

幕末といえばコレラと地震。
特にコレラは大流行して多くの人が亡くなったそうです。
剣心の両親もだそうで。
日米通商修好条約が井伊大老の元で結ばれ、長州藩では
その批判の機運が高まっています。
江戸に向かった久坂さんは藩命に背き、京都へ行ってしまいます。
そんな中、コレラの看病にあたっている医者の息子、小野為八が
塾にやってまいります。
地雷の元を作り、これからの戦いの役に立てたいと。
しかし、コレラがお父さんにも伝染し、亡くなってしまいます。
それでも地雷の実験に向かう小野さん。
しかも自宅謹慎の松蔭先生を背負っていくという。
塾生たちが武器の製造をして戦うのかと問う文さん。
松蔭先生は
戦いとはまずは心の問題と文さんにさとすのでありました。
なんか走る松蔭先生たちの映像に名画、「炎のランナー」を重ねてしまいました。。。
BGMももちろんあのテーマ曲で。
ところで京都に志士たちが集いだしたということはあの人斬りも登場するわけですよね!(笑)

|

« 花燃ゆ「戻れないふたり」 | トップページ | 早い桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/61358313

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「コレラと爆弾」:

« 花燃ゆ「戻れないふたり」 | トップページ | 早い桜 »