« 花燃ゆ「松陰、復活」「決行の日」 | トップページ | 公務員の仕事。 »

2015年5月31日 (日)

花燃ゆ「妻と奇兵隊」

高杉さん、肖像写真に寄せてきましたね。

三味線まで持っていらっしゃいますし。

ちなみに龍馬伝では松陰先生の中の人が高杉さんで、三味線弾きながら戦場を戦うという、GACKT様もびっくりな少年ジャンプ的な演出が施されましたが、今回はいかに。笑

ということで攘夷はしたものの、あっという間に反撃されて下関は大打撃。

久坂さんは再起をはかろうとします。

上海で異国の強さを知っていた高杉さんも攘夷は簡単にできないと悟り、まずは軍備の増強のため、有名な奇兵隊の結成を提案します。

そうせい候にその案は採用され、身分を問わず、志願者が集まります。

海防のため、萩でも砲台の建設が始まり、何かできることはないかと文さんたちが女性の身で手伝いはじめます。

徐々にその輪は広まりお城の多くちっくな人々も登場してきました。
これはのちの伏線ですよね。。。

一方、京都でさらに攘夷を進めようとする久坂さんは高杉の制止を振り切りまた旅立ちます。禁門の変のフラグが立ち始めましたので、そろそろ新撰組が出てくるんじゃないですかね。

|

« 花燃ゆ「松陰、復活」「決行の日」 | トップページ | 公務員の仕事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/61674778

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「妻と奇兵隊」:

« 花燃ゆ「松陰、復活」「決行の日」 | トップページ | 公務員の仕事。 »