« 花燃ゆ「女たち、手を組む」 | トップページ | 花燃ゆ「妻と奇兵隊」 »

2015年5月24日 (日)

花燃ゆ「松陰、復活」「決行の日」

松陰先生の復権と長州藩の攘夷、って感じですね。

主人公が女性なせいでどうしてもダンナの心配をしている女たちって感じの大河で何度も描かれてきたでじゃぶ感がどうしてもぬぐえませんねえ。

大河にホームドラマ的なシーンを入れないとダメという不文律でもあるんでしょうかねえ。

松陰先生の教えが長州藩を動かしていき、公武合体に動いていた長井雅学を退け、攘夷が主流に傾いていきます。

ここにきて久坂さんがどんどんと存在感を示していきます。

しかし、藩命で上海に渡って世界を見てきた高杉さんは攘夷がそう簡単にできるかという考えになっていきます。

それでもとりあえずな攘夷活動をってことから建設中の英国公使館を焼き討ちし、朝廷を動かすため梅干しと茄子で(!)公家の三条実美と手を組んでいきます。

京都で活動する志士達の影には芸妓さんの協力があってのことで、例外なく久坂さんにも上昇志向な芸妓さんが近づいていきます。

これは例の隠し子につながるのかしら・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
文さん主人公けなげなのにこれはかわいそうな。

さてさて、幕府を攘夷に動かした長州藩は唯一攘夷決行です。
関門海峡で異国船を砲撃するという。

それを指揮する久坂さんのもとへ文さんが会いにやってきます。

色々話したいことがあったはずですが、気丈に見送る文さんでありました。

そろそろ新撰組が見たいところですな。

ところで、毛利そうせい候の奥方が登場されました、また松坂慶子さまです。どうも欣也さんとか出てると時代が時代なだけに篤姫を思い出しますねえ。

そして毛利の側室から正室へランクUPされてます!(´∀`)

|

« 花燃ゆ「女たち、手を組む」 | トップページ | 花燃ゆ「妻と奇兵隊」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/61640172

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「松陰、復活」「決行の日」:

« 花燃ゆ「女たち、手を組む」 | トップページ | 花燃ゆ「妻と奇兵隊」 »