« 花終ゆ「風になる友」 | トップページ | 花燃ゆ「妻のたたかい」 »

2015年6月30日 (火)

花燃ゆ「夫の約束」

生きて必ず帰る、という約束はこの手の話では大体フラグでございます。

久坂さんが帰ってきたら3人で暮らすんだと新しい家を借りた文さんですが・・・。まあ茶碗を選んだりなどなどですが、いい加減井上真央嬢の無駄遣いはやめようよ、と思う次第ですが。主役として半年、メシ作ってるか畑仕事してるかしかないですやん、そろそろ主役らしい活躍がないんですかいのう・・・。

薩摩と会津により、御所に入れずじまいの長州勢でした。

そして、下関での攘夷の報復に外国の艦隊が攻めてきて内でも外でも大ピンチでございます。

とにかく攻める、という来島さんの猪突猛進ぶりにとうとう長州は御所に突入することになりました。こういう人がいると、結果は悪くなるのは歴史の常ですね。

まあ色々突っ込みどころだらけですが、禁門の変が始まりました。

そこへ某人斬り抜刀斉がですね・・・。

|

« 花終ゆ「風になる友」 | トップページ | 花燃ゆ「妻のたたかい」 »

コメント

>主役らしい活躍
無理に主役らしい活躍をさせようとして大々大失敗『GO』歴史描写を優先させたら主人公の出番が少ないとクレーム『八重桜』

その結論がおにぎりと畑仕事シーンに時間を割く!!だったらおもしろ過ぎます


しかし幕末の京都なのに孝明天皇がいっこうに登場しないです。八重ちゃんの時と大違い。長州の尊王ってやっぱ片思いだったのでしょうか。

投稿: らむね | 2015年7月25日 (土) 02時41分

>主人公の出番配分
これは難しいですよね。
個人的にはGOも上野樹理嬢を活かせなかったような気がします。そもそも題材が役者に合ってないような。
八重の桜はまだなんとか、なところはあったんですが。歴史の脚本って難しいんでしょうね。変に史実曲げるのも、勝手に出番増やすのもどっちつかずってな感じで。
長州の尊皇は片思い、そんな気はしますね。

投稿: rin2@nara | 2015年8月 4日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「夫の約束」:

« 花終ゆ「風になる友」 | トップページ | 花燃ゆ「妻のたたかい」 »