« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月20日 (月)

第8回かしはらコスモスうたまつり

いろいろとすったもんだがありましたが、今年も10/17に開催することになりました。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/hisapon/music/

出演者募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花燃ゆ「泣かない女」「女たちの園」

大奥な展開です。

さて毛利家と言えば、松坂慶子さんに高橋由美子さんですよ!

毛利家の大方様と、お嬢様が再度幕末に転生してまいりました!

この2人は97年の毛利元就にて、どちらも毛利家の縁者として登場しておりまして。なんとなくなデジャブ感を感じたのであります。

そして文あらため美和さんがお仕えする銀姫は田中麗奈さまですよ。平清盛では源義朝の気の強い奥さんやってたのが記憶に新しいのでございます。ちなみに松坂様は平時子を演じてらっしゃいますんで、もういろいろややこしいですね。中の人の大河の前歴を知ってるとw

まあそんな女祭りに一気にシフトしていったせいか全く別のドラマに仕上がってまいりました。

さらにリストラを命じられた美和さんが、アドバイスを求めたお倉番は白石加代子さんときて、鷲尾真知子さんに銀粉蝶さんとお局キャラがこれでもかと登場しております。

ここ2週の話としては登場人物のキャラ紹介でしたが、来週から嫁姑問題がからんでくるご様子です。

一方長州藩の内部では椋梨さんが復活し、周布さんが禁門の変の責任をとっての自害となり、一気に幕府恭順へ傾きつつあります。

高杉さんや伊之助さんの改革派はしばし抑えられていきます。

奥と表の二重ドラマでなんとなく篤姫の二匹目のドジョウを狙っている感が否めないのですが、主役がメシ作ってるしか見せ場がないってのは井上真央嬢の無駄遣いですよ。やっと能動的に行動してきた感がありますね。どんなに大河名物主人公補正がかかろうとも!

(゚∀゚)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

笠ヶ岳登山

さて、本格的な夏山シーズンの到来でございます。

今の課に異動してからどうも休みがうまくとれず、そして天気も悪くでなかなか山にいきづらいですが、なんとか先日、1泊2日の山旅へ。

土曜の未明に家を出たのですが、金曜日は職場の飲み会で、帰宅は23時、そして家を出たのは0時半です。酒は最初の一杯しか飲んでおらずなんで7時間は空いているはずです!

もうちょい仮眠したかったのですが、今回登る笠ヶ岳、山頂までのコースタイムが8~10時間となっているので、少しでも早く出発しないと、日が暮れてしまうかもしれん、ということで。

でも運転途中で眠くなったりして、休み休みで行きました。

で、なんとか登山口の新穂高温泉に辿りついたのは8時過ぎ。

登山届を出してしばらくは林道を1時間弱進み、登山口へ。

Img_5672

アルプスの中でも急な登りで有名な笠新道ですたい。

のっけから急登です。。゚(゚´Д`゚)゚。

今回は残雪を懸念して、テントに加えてピッケルやアイゼンの雪山装備も持ってて重量オーバー。登るにしたがって体力がどんどん奪われていきます。加えて寝不足でピーカンの天気も拍車をかけております。

花で気を紛らわせてみる・・・。

87

Img_5682

高山植物。

Xyakushi

6時間くらいかかってやっと稜線への杓子平に到着しました。

あ~しんど。。゚(゚´Д`゚)゚。

でもこっからがまた急登&雪。

Img_5690

最後の登り、と思って登ってもなっかなか着かねえです・・・。もうね、半泣き状態です。
しんどくてしんどくて。ひいい~。

そして、2時間弱。

Img_5696

やっと稜線に出ました。

Ryou

ゴールが見えてきました。あと1時間ちょい!
笠の形してますねえ。

そして残雪を行ったりしながらようやく到着!

Img_5720

でもテント場と山小屋が遠いっていうね。。。雪渓を渡らないとダメな上、けっこうな登りです。トイレも水場も山小屋・・・。遠いです。

ちなみに左側が山頂です。小屋から登ること15分。

Img_5711

どーん!槍ヶ岳をのぞみます。

Img_5717_2

これぞやまなみハイウェイ、なんつって。この道が槍ヶ岳まで続いているのでございますよ。

さて、景色を堪能してテント場に戻ったのが19時前で、もう夕闇。早々にテントを張ってご飯を食べると風が出てきて寒くなってまいりました。その後風が夜中けっこう強く吹きましてガタガタと終始音がしてました。稜線のテント場は仕方ないですが、目が覚めるなあ。

そして翌朝。

Img_5723

朝日をバックに槍ヶ岳。

まだ風がおさまりませんが下りも長いので、下山開始。

Img_5725

雪です。さらば笠!

さて下ること数時間ですが、久しぶりのアルプスでテント泊。疲れもあまりとれてない状態でしたので足の裏がいたくなりまして。行きが急な登りということは急な下りってことで足への負担もけっこうきてます。

歩けんくらいに足裏がいたくて一歩一歩がさあ大変。それでもなんとか昼前には登山口に下山しました。しかし、そっからの林道歩きがさらにつらく。途中休憩しながら1時間の道を1時間半かかって新穂高に帰ってまいりました。

そっから平湯温泉のひらゆの森で風呂に入り、なんとか足を歩けるまでに回復させて、帰途につきました。朝からご飯をほとんど食べてなかったのでSAで何か食べようとしても、「うどん・そば」・・・。゚(゚´Д`゚)゚。こんな体質の自分がつらい。

やっとご飯にありつけたのは17時半。炭水化物を求めておなじみ高山ラーメンと野沢菜豚丼。炭水化物祭りでした。

余談ですが、温泉で体重を測った時は2kg痩せてたんですが、帰宅して測ると元にもどっていました。おそるべしリバウンド、おそるべし炭水化物の吸収率。

昨年の常念・蝶以来、1年ぶりのテント泊登山でございました。

百名山はこれで41座です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

花燃ゆ「妻のたたかい」

禁門の変、または蛤御門の戦い、または甲子の戦い、いろいろ呼び名がありますが、最初に覚えたのは甲子の戦いでした。

ということで、長州藩は敗北。

久坂さん、退場。そして入江さんもえらい刺されまくって(!)退場。

まあ分かってはいたんですが、なんだか志を貫くのって命を散らすことになってしまっている悲劇な話です。

そして、長州藩は朝敵にされてしまい、流石のそうせい候も唖然。。。

旦那さまの戦死の知らせを聞いた文さん。気丈に久坂家を守ろうとしますが、あえなく断絶を言い渡されてしまい、椋梨様にすがるも、あえなくスルー。

慟哭ですよ。

しかし、ここからが主役として目覚める文さん。

何故、塾のみんなが命を落としたかを知るため毛利家の奥女中となることを決意。

やっと主役らしくなってまいりました。

・・・もう半分過ぎてるけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »