« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月27日 (日)

花燃ゆ「新しい日本人」

最近の時の流れのはやいこと。

ドラゴンボールの全盛期とはえらい違いですね!

そうせい候がとうとうお亡くなりになります。

9月まで3クールの出演でしたが、果たして台詞の量は一番少ないのではないでしょうか。

でもこの殿のおかげで幕末の長州藩が維新の原動力となりえたのではないでしょうかね。

加えて廃藩置県が断行され、長州藩は終わりをつげ、奥御殿も閉鎖となりました。それぞれの旅立ちを迎え、美和も実家に戻ることになりました。
ところで美和が奥御殿に入った目的は果たされたのでしょうかね・・・

そんなこんなで梶取さんは先だっての反乱の責任を感じ、人生の楽園をはじめます。
彼を快く思わない元奇兵隊士たちもおり、冷やかな視線を向けられますが、大河名物立ち聞き的な感じでその誤解は解けていくのでありました。

ところで寿さんに病気の兆候が・・・。

そこへ突然美和に久坂の隠し子が杉家にやってきたとの知らせが届いたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

花燃ゆ「夫の忘れがたみ」「届かぬ言葉」

いろいろと話が飛んでいきます。

大政奉還とか、いつの間に行われたのでしょうか。

最強のナレです。さすがシャア様。(中の人ね。)

いっときのヨハネスブルグ化した無法地帯の京都にて久坂の遺児を探す美和さんはお約束どおり、強盗?浪士に襲われそうになります。しかし、そこを超大河クオリティで助けてくれたのは、探し人である辰路さんでした。しかし、辰路さんが美和さんがその人と気づいた一方、美和さんはせっかく会えたのに気付かないまま、京都をあとに。

あっちゅーまに鳥羽伏見の戦いも終わり、新撰組とか大村益次郎とか、赤報隊とかも華麗にスルーです。

まあそんなこんなで時代はあっという間に流れていき、版籍奉還の話へ。

そこへ毛利のそうせい候がお倒れになり、元徳が後を継いで政務をとることに。

版籍奉還によるリストラで、解雇通知を言い渡される奇兵隊士。失業保険もないこんな時代にPOISON!ですよ。てなわけで反乱をおこします。
それが飛び火することを恐れた桂は東京から兵を率いて討伐にやってきます。病床のそうせい候を担ぎ出し、なんとか説得を試みますが、桂の攻撃のタイミングが悪く、みんな処刑されてしまうことに。

説得工作に奔走した楫取さんは、その責任を深く感じたのでありました。

。゚(゚´Д`゚)゚。

すごい勢いで話が進んでいますねい。

見どころといえば、美和さんのおにぎりくらいでしょうか。

まつ様の味噌汁並みに無敵のアイテムになってきたな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

花燃ゆ「高杉晋作の遺言」

今日のみどころ。

・伊之助さんの改名

・美和さんの衣装がワンランクアップ

・バレた夫の隠し子

・高杉さんの退場

・なすび

・さといも

以上。

ほんとに、井上真央嬢の無駄遣いな大河ですが、ここにきて主役補正とか歴史補正とか大河クオリティ全開です。が、ここまで無駄に20代女優では5指に入る演技力の井上嬢の時間を過ごさせたので、もうここは黙って目をつぶることとします。(笑)

興丸さまに畑仕事させたり、何度も宿下がりが許されるのか?というツッコミはさておき。

高杉さん、退場。。゚(゚´Д`゚)゚。
この人と坂本龍馬が長生きしていたら、歴史は変わったかもしれませんね。

辞世の句は某幕末剣客浪漫漫画で知ってたのですが、いい句ですよ。

で、遺言として美和さんに久坂さんの忘れ形見の存在を伝える高杉さん。最初は動揺していた美和さんですが、高杉さんのまるで先を知っているかのような先見の話をきき、京都でのお使いに乗じてその子を探す旅に出ます。

う~ん、今週は下関出張で、次回は京都出張。
大河名物どこでもドアですな。
(初出はおそらく利家とまつw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

花燃ゆ「孤高の戦い」

徐々に大河の主人公クオリティを出してきました、美和さん。

皆が彼女に意見を求めます。(笑)

戦う気でいるみなさんの前にして、逃げましょう!って最高ですよ。

第二次幕長戦争の幕開けとともに、晋作さんも吐血して退場フラグです。

しかし、その影で芸者の女の影が。。。

晋作さんの奥さんの雅さんは気が気ではありません。

何故か美和さんのところへ相談にやってきますが、同じ思いをした美和さん、器の広さを持ってあたたかく迎えてやれと励まします。

そんなこんなで長州藩は幕府に勝ちます。
ちょこっとでも大村益次郎を出してくれてよかったです。
彼が出なければ不自然でしたもの。

さて、晋作さんの退場は来週ですかね。キャストも大分入れ替わってきましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »