« 花燃ゆ「夫の忘れがたみ」「届かぬ言葉」 | トップページ | 花燃ゆ「二人の母」 »

2015年9月27日 (日)

花燃ゆ「新しい日本人」

最近の時の流れのはやいこと。

ドラゴンボールの全盛期とはえらい違いですね!

そうせい候がとうとうお亡くなりになります。

9月まで3クールの出演でしたが、果たして台詞の量は一番少ないのではないでしょうか。

でもこの殿のおかげで幕末の長州藩が維新の原動力となりえたのではないでしょうかね。

加えて廃藩置県が断行され、長州藩は終わりをつげ、奥御殿も閉鎖となりました。それぞれの旅立ちを迎え、美和も実家に戻ることになりました。
ところで美和が奥御殿に入った目的は果たされたのでしょうかね・・・

そんなこんなで梶取さんは先だっての反乱の責任を感じ、人生の楽園をはじめます。
彼を快く思わない元奇兵隊士たちもおり、冷やかな視線を向けられますが、大河名物立ち聞き的な感じでその誤解は解けていくのでありました。

ところで寿さんに病気の兆候が・・・。

そこへ突然美和に久坂の隠し子が杉家にやってきたとの知らせが届いたのでありました。

|

« 花燃ゆ「夫の忘れがたみ」「届かぬ言葉」 | トップページ | 花燃ゆ「二人の母」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/62366070

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「新しい日本人」:

« 花燃ゆ「夫の忘れがたみ」「届かぬ言葉」 | トップページ | 花燃ゆ「二人の母」 »