« 伊平屋ムーンライトマラソン | トップページ | 花燃ゆ「二人の夜」「未来への絆」 »

2015年11月 1日 (日)

花燃ゆ「運命をつなぐ糸」

さて、最終コーナーに入ってまいりました。

あと4~5回でしょうか。

教育の必要性を訴える楫取さんに美和さん。しかし、阿久沢夫妻は必要ないと木で鼻をくくる態度でございます。

そんな中、数少ない松下村塾の生き残りで神奈川県令になった野村靖さんが楫取さんを訪ねてやってきます。

彼は松陰先生の描き残した留置録を持っていたのでした。

その思想に久しぶりに触れ、自ら教育現場を見て回ることに決めた楫取さん。
そして分かりやすく!生糸の工場に旦那の借金とりがやってきて、証文も読めないことによる不便さが身にしみてわかった、女工たち。

そんな状況に居合わせ、阿久沢さんの奥さんに美和さんは生きるために学ぶことの必要さを説きます。

主役クオリティの演説は必ず人の心を動かすのが大河なので、その志に感銘し、女工たちに字を教えることに賛同したのでありました。

なんか大女優の三田佳子さまに、若手実力派の井上真央嬢が挑んでるような絵でしたねw

・サイドの見どころとしては銀姫様たちの登場にちょっと嬉しくなりました。
・いつのまに西郷さんは反乱起こしてることになってるの?
・寿さんの退場フラグがちらほらと・・・。

こんな感じで。

|

« 伊平屋ムーンライトマラソン | トップページ | 花燃ゆ「二人の夜」「未来への絆」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/62594376

この記事へのトラックバック一覧です: 花燃ゆ「運命をつなぐ糸」:

« 伊平屋ムーンライトマラソン | トップページ | 花燃ゆ「二人の夜」「未来への絆」 »