« 真田丸「船出」 | トップページ | 2016年が明けて »

2016年1月17日 (日)

真田丸「決断」

さて、昌幸の待つ岩櫃城までの逃避行。お母様のわがままをたしなめながら、百姓に身を変えて先へ急ぐ真田家のみなさん。

そこへ落ち武者狩りの集団や織田方の兵をかわしていきます。

途中、小山田の兵に出会いますが、小山田の裏切りに気付いたところで絶体絶命。

そこへ少年漫画の如く父の軍勢が助けにきてくれました。

すでに武田家は織田・徳川連合軍によって滅ぼされてしまっていたのでした。

はかなげな武田勝頼さまでした。。゚(゚´Д`゚)゚。

自害の前に勝頼の前に現れたのは信玄の幻でした。ちなみに中の人は昨年亡くなられたミスター大河の殺陣氏、林邦史朗さんでした。合掌。

さて、武田を滅ぼしてもちっとも嬉しくない、元武田家家臣の徳川家康ですが、どうやってこれから生き延びていこうかというところです。

家臣の石川数正が心配ご無用、三河武士は盤石、などという台詞を言わせるとは。(笑)

そして真田家の家族会議においては今後の相談。北条につくか上杉につくか、とくじで決めようとしますが、思案の末、織田につくことを決断します。

真田家の戦国サバイバルは始まっていきます。

大河ファンにはたまらない小ネタがたんまりですわ。

|

« 真田丸「船出」 | トップページ | 2016年が明けて »

コメント

近年の大河にありがちな展開をするかと思うところで「しませんよーだ」と話を進める脚本がおもしろくて仕方がないです。三谷さん、安直さに警鐘を鳴らしてます。

>真田家家族会議
笑いどころはクジではなく「私に考えがあります」と戦国大河主人公が言ったら絶対信長推しだろ思わせといてそうしない。なのに「信長に会いに行くぞお」というセリフは出してくる、ただし言うのは真田パパ。間違いなく狙ってますよね。

投稿: らむね | 2016年2月 6日 (土) 23時41分

>らむねどの
あのクジのシーンは笑いました。
昔、あれで将軍決めてたのにね。
過去の大河オマージュやそれに対抗する
シーンがてんこ盛りで、大河ファンにとっては
小ネタ探しも楽しみですよ。

投稿: rin2@nara | 2016年2月 8日 (月) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/63082208

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「決断」:

« 真田丸「船出」 | トップページ | 2016年が明けて »