« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月30日 (月)

真田丸「戦端」+大河ドラマ検定

この放送の日は大河ドラマ検定なるものがありまして、受けてみました。

放送中だからあんまり真田丸からは出題されないだろうな~と思ってたら結構出題されており面喰いました。

大体歴代の大河ドラマのテーマや主要な出演者や舞台の地域、撮影エピソードや日本史などから出題されてましたが、中には「風林火山のときに有名になった山梨のB級グルメは?」なんて問題も。映像や資料の残存状況もあるからでしょうが、比較的独眼竜政宗以降の大河からの出題が多かった印象です。ちなみにNHKエンタープライズ制作時代の琉球の風と花の乱は1秒たりとも見たことないのですが、この辺からの出題も多かったです。

さて、今回の真田丸。

久々に出てきた北条一族。秀吉の上洛の命に従いません。

娘が長男の氏直に嫁いでいる関係から家康が説得に向かいますが、よりによって真田の領地である沼田を渡せば上洛するという条件を出してきました。

そんな条件を呑むはずがない昌幸パパ。なんとか説得しろと三成に言われた信繁ですが取りつくシマがありません。

困った信繁は秀吉の前での北条と真田、徳川の三者会談を持ちかけます。話し合って決めればいい、とのことでしたが、北条も徳川もそのトップが来ないことになり、昌幸もそんなのに行ってられるか!と信繁に任せます。

かくして、代理人による沼田を巡る土地訴訟が始まったのでありました。

実はちゃっかり蔵に隠れて会議の様子をうかがう昌幸パパ。骨董品に囲まれる様子は・・・
まるで美の壺

一方、信濃のご飯が苦手だとワガママな稲に手を焼き、親バカ本多忠勝がまた娘の様子を窺いに上田までやってきて、気の休まる暇がない信幸。ストレスたまる一方で、お世話係になった元妻のこうさんは何故か元気になっていくという逆転現象。

内も外も頭が痛い真田一族なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

真田丸「前兆」

落書きしたやつを捕まえろ!の話。

名探偵信繁!真実はいつもひとーつ!

なお話。

茶々が懐妊しましたが、それを侮辱する落書きが見つかりました。激怒した秀吉から犯人捜しを命じられた信繁たちはあの手この手で犯人探しに奔走します。

しかし犯人は見つからず、その見張りだった牢番全てが処刑されてしまい、秀吉の暴走がはじまります。

なんとか犯人に仕立て上げた人物の首を献上するもその一族を根絶やしにしろと命ずる秀吉。それを諌めようとする石田三成に対しても切腹を命じようとする秀吉。

そこへ現れたのが寧さんでございました。なんとか秀吉をとりなし、そこへ現れた茶々もお腹の子は秀吉の子に間違いないと言い、なんとかその騒動は終結したかのようです。

ところで、茶々と阿茶の局、寧の3人が珍しく女子会?をしているシーンがありましたが、このメンバーがのちのち大阪の陣の交渉に関わってくるのでございます。
どうでもいいですが中の人が全員朝ドラの主役だったというNHKアーカイブスな面子ですね。

一方ごほごほ妻と離縁させられ、新しく本多の娘を嫁にもらうことにした信幸。

しかしごほごほ妻は女中として真田家に残るというお母様たちの余計なお世話(?)が発覚したのでございました。

嫁いでくる娘にお付きのものとしてこっそりついてきている本多忠勝。
バレバレです・・・。そんなに娘をやるのがいやか、忠勝!(笑)

次回は北条が久しぶりに登場。
忍城攻めとかあるんですかね。わくわく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

真田丸「恋路」

昔の逢引の場所は蔵と決まってます!

てな感じで。

茶々に気に入られてますます秀吉の目が気になる信繁。なんとかかわそうとしますが、秀吉に内緒で連れて行けと言われた蔵で、その茶々の内面をのぞいてしまいます。

一方徳川の与力となった真田家は徳川家との縁を深めるため、兄の信幸と本多忠勝の娘、稲との縁組をもちかけられます。

しかし信幸にはすでにごほごほ妻がいます。

離縁すればいいではないかと平然と言ってのける家康。

結局断り切れず縁組することになりそうです。

一方なんとかして茶々を側室にしたい秀吉は必死に口説き落とします。
その必死さに心動かされ、茶々は側室になることを承諾し、信繁も茶々の側を離れることができたのでありました。

しかし、茶々は信繁に言います。

私たちは同じ日に死ぬ、と。

歴史の壮大なネタバレですね。

ほんまに同日に亡くなったのかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

真田丸「上洛」

みどころ。

・まさかの足の裏カサカサについてのガールズトークが松姉さんの記憶喪失をよみがえらせる伏線だったとは!
小山田さんの匂い袋だと思わせといて。

・ひっぱった挙句の昌幸の上洛。
ひとまず本領安堵とはなったものの、家康の与力になるとはなんたる屈辱。

・それを受けて目が笑ってない家康の大笑い。

・松さんのダンスは下手だった・・・!

・置いてけぼりな薫ママン。

・真田家の人々は顔ペチペチが喜びの挨拶なんですかね。

・なんかいい人そうな秀次。

そんな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

真田丸「再会」

もうね、今日はスタッフロールを見てないのでいきなりの登場に驚かされましたよ。

旭姫!

まさかの清水ミチコ氏。(笑)

無理やり家康に嫁がされた不機嫌さMAX!

出オチにもほどがあります。(´∀`)

あとは体育会系の阿国さんによる発声指導がまさかの秀吉と家康の対面に役に立つとか。

そしてなんと琵琶湖に飛び降りて亡くなったと思った真田家のお姉さんの松が阿国の一座にいたのでした。しかし、信繁たちを見ても別人だと言う松。はたして彼女の正体は、たぶん松なんでしょうけど。記憶をなくして漁師さんに助けてもらってその後、みたいな感じですよね。作中ではあれから数年経ってますし。

いろいろありましたが、結局家康は真田攻めをやめ、上洛し、秀吉と前夜打ち合わせしたとおりの芝居で、臣従の礼をとるのでありました。

一番作り話くさい事前打ち合わせや陣羽織のくだりが、実は資料に残ってたりするのが歴史の面白いところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »