« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月27日 (月)

真田丸「別離」

鶴松の臨終と並行して利休の切腹の経緯が回想形式で語られる異色の展開。

利休が秀吉に追放され、切腹に至る原因の一端はまさかの茶々だったとは・・・新解釈な感じですよね。悪気がなくて天真爛漫だからこそ怖い女ですよ。

鶴松の明日をも知れぬ命のときに、周囲の人間は豊臣家の行く末を案じます。

その少し前に寧以外で秀吉に意見ができるたったひとりの人物である弟秀長は利休の増長を案じて亡くなります。この秀長が長生きしてれば豊臣家ももう少し別の道を辿ったかもしれませんね。

みんなが子供の命より、その後のことを思案している中、真田家の奥方と、片桐さんは薬作成中。しかし片桐さんのうっかりでせっかくの煎じ薬がほぼなくなり、せっかくの残った薬草で作った薬もうっかり真田パパが呑んでしまったというオチ。

権力の探りあいとは関係のないほのぼの真田家でした。^^;

そして周囲の祈り空しく鶴松は亡くなってしまい秀吉と茶々は悲しみのどん底に。

明国攻めをほのめかす秀吉といい、崩壊の序曲ってやつですね。

壮大なナレバレをしてくれる有働さんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

真田丸「滅亡」

1590年天下統一。

てなことで北条氏政の滅びの美学です。

北条氏は滅亡し、氏政は切腹。

家康筆頭に有力大名は氏政に生きるように説得しますが、彼はそれを聞き入れず、自ら滅亡することを選んだのでございました。
ようやく平和な時代に・・・とか言っておりますが、この家康、真田、上杉の三人は実は関ヶ原の合戦のメインキャスト。氏政があの世で行く末を見届けてやると言っていたのが興味深い。

その一方で先に秀吉に降伏した伊達政宗は仙台名物ずんだ餅をふるまい、秀吉に気に入られ、会津の領地は取り上げられたものの、滅亡を逃れます。

長いものに巻かれずに滅んだ北条と、巻かれて生き残った伊達、その対比でした。

小田原城が開城しても、最後まで抵抗を続ける忍城。水攻めでも落とせないことにいらだちを隠せない三成はようやく昌幸の手をかります。ここまで切羽詰まったら手段を選んでられないと昌幸に任せる三成。
噂を使って城を開城させた昌幸。

相変わらず汚い手を使う昌幸ですが、三成も素直にその力量を認めたのでした。
ツンデレがデレる瞬間ですね。(´∀`)

忍城攻めの功績が認められ、ようやく因縁の沼田の地は真田の元へ。
そして徳川の与力も解除といいことずくめの真田家。
こっそり伊達政宗と組んで反乱を起こそうとしてましたが、ずんだ餅で気がそがれてしまった矢先の嬉しい処遇。

一方先週ラストで登場した小山田さんは北条の家臣になっており、信繁から松の無事を知らされ幸せモード一杯でした。

そんななか、利休の北条への商売が発覚・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

真田丸「攻略」

1590年の北条攻め。今日のみどころ。

・小田原に茶々を呼びたいという秀吉の手紙をみて、寧を案じるいい人秀長。と、それと対比してわざと包囲されて余裕ぶるが実は不安でやせ細り、風呂にも入れない江雪斎に見破られる北条氏政。実は中の人が同じであるということを思い出しました。

・実は計画通りに事が運ばないとお腹を壊す石田さんということが発覚。小田原攻めの取り仕切りを命じられたものの、真田と上杉に任せた忍城攻めが上手くいかないのでイライラ。とうとう自分が出ていくことに。そして備中高松城攻めと同じ、水攻めをはじめるわけです。
→この辺のくだりは「のぼうの城」で是非。(笑)

・家康の関八州への領地替えフラグ。

・便利な佐助。

・ついに登場の伊達政宗。白装束で秀吉に臣従。

結局秀吉の圧倒的な軍勢に籠城するも勝ち目のないことを悟った氏政。城を枕に討ち死にするといい、降伏を勧める江雪斎と氏直の意見を聞き入れません。

そこで白羽の矢が立ったのが以前領地交渉をした信繁。
家康と大谷殿に頼まれ、小田原城へこっそりと行きます。
しかしそこへ現れたのは、多分風魔一族(?)降伏反対派。

彼らに攻撃され、佐助の助けを借りて逃げようとした信繁の前に現れたのは、なんと高木刑事!小山田さんでした。

何このジャンプ漫画みたいな展開w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

真田丸「裁定」

ネットではリーガル・ハイを大河でやってる!

みたいな突っ込みが。

まあ中の人ですから。

沼田を巡り真田・北条・徳川の裁判。(笑)

そしてわざわざプレゼン資料を作ってきたのに、秀吉に「長い!」と言われてかわいそうな片桐さん。

裁判は最終的に本多正信の助け舟で真田のものとなりますが、三成に北条との戦回避のために沼田を譲ってくれと頭を下げられ、一部を除いて手放すことにします。

しかしそれが気に入らなかった北条のご隠居。

結局は上洛せず、真田の領地を攻めます。

ついに秀吉も北条攻めを決意。

次回、北条攻めです。

予告で「忍城」の言葉が出てきてわくわくします。

(´∀`)

成田氏出てこないですかね。(のぼうの城ファン)

話が外れますが、朝ドラのちりとてちんで1話分丸々家族会議で全く場面も変わらず会話だけで通した回がありました。今回、大河でもこれをやるか!とちょっと思ったのですがさすがに45分全部議論している様子にはできなかったみたいですね。

この回のちりとてちんは制作者の間で伝説になっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »