« 真田丸「受難」 | トップページ | 真田丸「黄昏」 »

2016年7月24日 (日)

真田丸「異変」

今週のみどころ。

・高齢者の認知症問題。
家康に何度も同じことを話す秀吉。そしてそれを覚えていない。寧さんが作ったお菓子も覚が覚えてない様子で味覚も変わったのでしょうか。

・真田家の女性問題。信繁は大谷殿の娘、春を正室に迎えた一方で信幸は前妻と今の妻とに両方子供ができたという二股(笑)そして昌幸パパは遊郭に入り浸りでママに問い詰められるありさまに。しかし、信幸に任せた城作りの芳しくない様子をきき、生き生きと陣頭指揮をとり始めたのでありました。

・愛人キャラが殉教キャラに。(笑)

・病気が進行中の大谷殿。

秀吉の様子をあくまで隠す信繁と真田の家を第一に考えて報告せよと言う信幸。
その後の伏線がどんどんと張られてます。

次回も都知事選で繰り上げ放送ですってよ。

|

« 真田丸「受難」 | トップページ | 真田丸「黄昏」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/63961740

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「異変」:

« 真田丸「受難」 | トップページ | 真田丸「黄昏」 »