« 真田丸「終焉」「応酬」 | トップページ | 真田丸「動乱」 »

2016年8月14日 (日)

1泊2日北海道弾丸一人旅


ちょっと夏休みの遠出をしたくなりまして、2年ぶりに一人旅で北海道へ行ってきました。

本来は北アルプスの縦走を考えてたのですが、どうも足の具合がおもわしくなく、長期の縦走は無理と判断しました。完全に足の裏がやられてます、ハイ。。゚(゚´Д`゚)゚。

で、某県民番組で積丹半島の生うに丼を見て、食べたい!と思ったので、積丹半島目指して新千歳へ。

が、せめて北海道行くんだから百名山もひとつくらい踏んどきたいという思いも芽生え、足のことも考え、日帰りで登れる旭岳か羊蹄山かで迷い、旭岳へ行くことに。が、旭岳は旭川方面、飛行機は新千歳。・・・遠い。そして積丹半島は旭川とは反対側。

両方行ってきました。レンタカーですっ飛ばしました。

朝一の飛行機で電車を経て10時頃札幌へ。そっから車を借りて旭岳まで3時間。大阪で運転してるとなんとも思わないのですが、北海道の方は信号が黄色でも止まるし、制限速度で運転する。(笑)

いや、これが常識なんですが、なんかイライラするのはなんでだろう。

Img_7183

なんとか昼下がりには到着し、ロープウェイで姿見駅へ。正面が旭岳。北海道の最高峰です。最終のロープウェイの18時までには下山してこないといけないので、急いで登ります。

Img_7161

ガレ場の急な登りでしたが、なんとか1時間40分くらいで登頂。稜線だからか風が吹くと流石に北の大地、真夏でも寒いし強風です。

Img_7163


だだっ広い風景です。

17時にはなんとか下山しました。

で、今回宿をとっておりません。というのも行くの決めたの前々日で、しかも日程は夏休みの土日。ざっと見て近辺のよさげな宿も空きがなかったので、近くのキャンプ場で野営することに。

Img_7189

家族連れや外国人グループでけっこう一杯でしたがなかなか快適なキャンプサイトでした。なにせ、平地の砂地なのがありがたいです。

近くの日帰り温泉でまったりしてここでテントを張り就寝。

翌日は5時にキャンプ場を出て積丹半島を目指します。なにせこっから数百キロあるのと帰りの飛行機までに間に合わないとてなことで早く出るに越したことなし。

途中美瑛や富良野を通って行きました。花の時期ではないですが、ザ・北海道な風景です。

Img_7208


Img_7205

朝日で逆光なのが惜しい。

小樽から余市あたりは予想だにしなかった渋滞で全然進まず焦りましたが、(あとで調べたら慢性的な渋滞道路らしい)なんとか積丹半島へ。

Img_7226


海の見える温泉につかり、念願の・・・

Img_7227

生うに丼!

今回の旅の目的です。
いやー甘くておいしかった。(´∀`)

てなわけで1日半600kmほど移動した北海道弾丸の旅でした。
それにしても朝晩は涼しいですが、日中は関西と変わらん暑さでした。
猛暑、おそるべし。

|

« 真田丸「終焉」「応酬」 | トップページ | 真田丸「動乱」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/64060392

この記事へのトラックバック一覧です: 1泊2日北海道弾丸一人旅:

« 真田丸「終焉」「応酬」 | トップページ | 真田丸「動乱」 »