« 真田丸「犬伏」「勝負」 | トップページ | 真田丸「歳月」 »

2016年9月25日 (日)

真田丸「信之」「昌幸」

今回も諸事情で2週まとめての感想です。

高速関ヶ原で、有働さんのナレ死かと思ったら、なんとか最後のシーンがあった冶部殿と刑部殿。真田家が実際に居合わせてないことは極力描かないことを徹底しているそうです。

家康が勝ったことにより、信幸は父と弟の命乞いをします。義理の父本多忠勝も必死に説得してくれ、なんとか2人の命は助かることに。しかし、死ぬまで軟禁生活を強いるそれは散々家康を苦しめた昌幸に対する復讐でもあったのでございます。

そして信幸は父との縁を切るため改名し、「幸」の字を「之」と改めることに。読み方を変えなかったのだけは意地でした。

そして和歌山の九度山で暮らすことになった昌幸と信繁。

ちゃっかりきりちゃんも着いていくことに。(笑)

戦からは遠ざけられ隠遁生活をさせられることになった昌幸。それでも野望は捨てず、何年も赦免を望みますが、家康はそれを許さず。

時は流れ、秀頼はりっぱなスーパーイケメンで凛々しき殿さまに成長されました。そして三成に実は後を託されていた加藤清正が代って秀頼を守ろうとしましたが、家康と秀頼の会見の場にいた清正を危惧した家康によって、服部半蔵(二代目)に毒殺されてしまいます。なんと彼までもが有働ナレ死・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。

この容赦なさは、今までの大河に対するアンチテーゼかと勘繰ってしまいます。(笑)

そして秀頼との対面後、豊臣家に対する危機感を感じ取った家康は豊臣を滅ぼすことを考えはじめます。

一方幽閉生活が続いた昌幸は再び戦場に出ることのないまま、生涯を終えようとしていました。しかし望みをつなぐため、長年書き残した戦術を信繁に託します。幻で武田の騎馬隊と信玄が迎えに来たのを感じ取り、その生涯を終えたのでした。間違いなく真田丸のMVPだった草刈さん、お疲れさまでした。

本多忠勝も退場し、寂しくなりますね。

|

« 真田丸「犬伏」「勝負」 | トップページ | 真田丸「歳月」 »

コメント

真田に関係ないことは書かない主義徹底してますね。。さらっとでも映像にしてくれないと、娘に説明するのがいちいち大変ですわ。。σ^_^;
ところで、このドラマでは、きりちゃんって信繁と結婚しないのですかね?

投稿: つぐみ | 2016年10月 2日 (日) 21時15分

>つぐみどの
あくまで真田氏視点ですね。
今までの大河は主人公が関係ないところでも
歴史的な重要事件は大体映像になってたのに。
歴史を知らないと分かんないところがあるかも

きりちゃんはどうなんですかね。
史実では信繁の側室みたいなんですが、
今のところそんな気配ないですよね。
報われない感が見てて面白いですが。

投稿: rin2@nara | 2016年10月 3日 (月) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/64256136

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「信之」「昌幸」:

« 真田丸「犬伏」「勝負」 | トップページ | 真田丸「歳月」 »