« 真田丸「挙兵」 | トップページ | ニューカレドニア旅行記(中編) »

2016年9月 8日 (木)

ニューカレドニア旅行記(前編)

夏休みで1年半ぶりに海外に行ってきました!

天国に一番近い島だそうです。
(厳密にはその島へは行ってませんが。)

そもそもは職場の人とニューヨークに行こうと話をしていたのですが、あれよあれよと話が変わり、最終的に「ニュー」しか合ってないところに行くことに。(笑)

関空から8時間ちょい、直行便でひとっとびです。

昼前に日本を出て、着いたのは深夜。
飛行機はエアカランというニューカレドニアの飛行機です。フランス領なので機内が寒くて定評のあるエールフランス系列だそうです。やっぱり寒かったっす。

Img_7265

Img_7267

機内食は2回。お昼と夜の軽食。
ビールはニューカレドニアのローカルビールです。
ピルスナーで完全に味がキリン。のみやすい。(´∀`)

ちなみに機内はほとんどがフランス本土の人か日本人でした。

現地到着後、同じツアーの人がバスでそれぞれのホテルへ送ってもらいます。
車内はみんな日本人で、案内人も日本人。
はとバスみたいな感覚です。暗くて外は分かんないし。
まだ海外に来た気がしねえ。(^^;

ちなみにツアーの書類受け取りを待ってた際、おじさんに話しかけられ格安で海外に行く方法をレクチャーされました。
親切なのか、安く行く旅慣れ自慢したいのか・・・。
(しかも元ワーホリメーカーの私に言うか。←対抗意識w)

深夜にホテルに到着。
観光ホテルが密集しているアンスバタ地区まで1時間ほどでした。
中心地ヌメアからはちょい離れてます。

ル・メリディアンホテル。

Img_7478

正面。

Img_7487

ロビーは広いし、日本人の案内の人がときどきいます。

Img_7271

部屋。
謎の椅子は私の荷物置きになりました。

Img_7426

バルコニーがついてて海が見えます。
リゾート感満載だ~、と思ったら、洗濯紐がそなえつけられました。
が、滞在中、F氏持参のこれにはお世話になりましたよ。洗濯紐。

とりあえず初日は移動だけなんで、そのまんま寝ます。
約一名、早速初日から洗濯をされてましたが。(゚∀゚)

で、翌朝。
バルコニーから見える青い海でやっとリゾートに来た感ですよ。
この日は離島のイル・デ・パンへ行くツアーに参加します。

何度もいいますが、私、飛行機が大の苦手でして。
プロペラ機↓とは何のいやがらせかと思いますたYO!

Img_7276

Img_7284_2


おそるおそる撮った世界遺産のリーフ。

今日のフライトは20分ほど。
フェリーでも数時間で行けるみたいです。

Img_7286

空港。
少なくとも○田林の駅といい勝負の規模です。

Img_7287

外に出ると海外リゾート感キタ━(゚∀゚)━!

バスで15分くらいで、クト湾へ。

Img_7293


ビーチだああ~。キタ━(゚∀゚)━!

私の本業は絵描きで登山家なんですが(笑)、世界の美しい海を見るのも大好きで。テンションが上がりましたよ。
そして砂がとにかく細かい!
あ・こ・が・れ・のパウダーサンドっすよ!

Img_7306

そして犬!

Img_7303

人慣れしてます。
逃げません。吠えません。

P9020264

海にみとれる人たち。
ラッシュガード着用なのが惜しい!

反対側のカヌメラ湾も行ってみた。

P9020267

手前の岩は地元の神聖な場所だそうで、登っていけないそうな。言われなきゃ登ってたかもしれない・・・。

Img_7318

地元の人の漁船かな?

海を散策したあとはお昼ご飯。
今回の旅で唯一の豪華メシ。
というのもニューカレドニアは物価が高く、外食は日本の数倍で、缶ジュースでも400円くらいしますねん。そういう前情報を聞きつけてたので食事はレトルトを一杯持っていって自炊してたんですよ。
このツアーと、最終日のみちゃんとしたレストランでご飯を食べたという。

Img_7337

ビュッフェでワインつき。
エビがおいしいらしいので盛ってみました。
たしかにおいしかったです。(´∀`)

約一名、4皿分くらい召し上がってらっしゃり。
どんだけ食うねん!Σ(゚д゚)

ご飯のあとはイル・デ・パンといえばここでしょ!なピッシンヌ・ナチュレルへ。
クト湾からバスで北へ10分程です。
この島は結構観光ポイントが離れてるのでツアーでないと自力で回るのが厳しいです。
まあ、一人だったらチャリで行ってたかもしれない。(笑)

バスを降り、ジャングルと浅瀬を歩くこと10分ちょい。

Img_7345

見たことないカニもおったな。

Img_7348

短いとはいえ結構なジャングルでした。
地元の案内人、裸足でハイジばりに歩いてましたO(゚д゚)O

そして、

Img_7358

ピッシンヌ・ナチュレル!
(「天然のプール」という意味らしい)

岩の間から海水が流れこんでて穏やかなプールみたいになってるんですよ。十数年前、なにかの写真でこれを見て、いつかは行きたいと憧れた場所です。色々な海を見てきましたが、トップクラスに美しい!

Img_7359

意外と深く、足が届きません。
が、底はおさかな天国です。シュノーケリングで海の底を覗いてみれば、あやしいシャコ貝?とか縄張り主張が激しいでかいウニなどいっぱいいました。
水中カメラがないので、写真は撮ってませんが、素晴らしい天然水族館でした。
1時間ほど泳いで寒くなって雲の子散らすように上がってました。
ちなみにこちらでの季節は冬から春の時期なので、けっこう水は冷たいです。そして島だからか風も強い!観光の時期はずれで人気が少ないのはありがたいのですが。
(;´Д`)

さてクトビーチへ再びもどり、ティータイム。

Img_7367

さすがおフランス!パンがうまい!(´∀`)

その後は地元のヤンキーにからまれながら(大ウソ)夕日を見てヌメアに帰還です。

Img_7410

いやーほんまに景色と自然がすばらしいわ。

ホテルに帰還後、晩御飯はM氏ご推奨の無印良品のカレー。
これがかなりおいしい。(笑)

そしてホテルのバーなんぞ行ってみたり。
(数少ない贅沢ですw)

Img_7425

そういえば、この旅では全くやかましいにぎやかな中国人ツアー客の姿を見ませんでした。ヌメアにチャイナタウンらしき箇所はありましたが・・・。いくら時期はずれにしても全くといっていいほど見ないのはなんでだろうか・・・。あとで調べたら例の天国~の小説の影響でアジア人では日本人がほとんどで、あとはフランス本土の人と、近くのオーストラリア人かニュージーランド人しか来ないらしいです。他のアジア圏の人がリゾートを求めて行くのはもっぱらグアムやハワイ、もしくはケアンズなんだとか。おまけになかなかビザが下りないという事情もあるそうです。
なんかフランス本国での荒らしっぷりが知れ渡り、そうなったとかならないとか(以下略)

ネタだらけの中編につづく。

|

« 真田丸「挙兵」 | トップページ | ニューカレドニア旅行記(中編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/64176635

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカレドニア旅行記(前編):

« 真田丸「挙兵」 | トップページ | ニューカレドニア旅行記(中編) »