« ニューカレドニア旅行記(前編) | トップページ | ニューカレドニア旅行記(後編) »

2016年9月10日 (土)

ニューカレドニア旅行記(中編)

さて、南の島での三日目。

体験ダイビングツアーに参加。朝に桟橋で待っといて、との店の指示で何にもない桟橋へ。するとどこからともなく迎えの船が。

そこから15分ほどのメトル島へ。

Img_7430

何もないから、え?ここ?と思いましたよ。そして他のマリンスポーツする人たちも同行。しかし、この同行者がなかなかのキャラたちでして。(後述)

で、到着。
こ、これがリゾートのコテージってやつですか。(゚∀゚)

Img_7467

インストラクターさんの説明によると、あのコテージ周辺のエリアは島にあるホテルの宿泊客だけのエリアで、勝手に入ると島から強制送還されるのだとか・・・。(゚д゚lll)

ちなみに桟橋でMさんの帽子が風で飛ばされ、海の藻屑に・・・。
しかしあとで船の運転手さんが救出してくれ、無事に彼女の元へ。

さて、ダイビング。
与那国島で一度行ったことがあり、そのときは船でポイントまで連れてってくれたのですが、今回は、沖合にセットしてるポイントまで泳いでいけと。
Σ(゚Д゚;)アラマッ

P9030299

あれか!

私「何メートルくらいですかね?」

インストラクターさん「150mくらいですかね。」

(´Д` )

Mさん「ウエットスーツ、浮くから大丈夫ですよ!

Fさん「で も 泳 げ ま せ ん!」

ちなみにこの旅行、私と職場の先輩Fさん、Mさんの3人で行ったのですが、

Mさん⇒ライセンス持ちで泳ぎが得意
Fさん⇒何故か背泳だけできるらしいが、基本泳げない

インストラクター「じ ゃ あ 浮き袋貸します」

まあそんな会話のあとシュノーケルセットを渡されて遠泳を覚悟して海に入ると、同じダイブショップ(?)の水上スキーが登場。なんと、行きだけ特別に乗せてってくれるとのこと。
ラッキーでしたよ。
泳がずにすんだ。!(´∀`)

で、何度かに分かれ水上スキーでポイントまで。
初のスキー。短い間ですが結構波のうねりに影響されてスピード感満載でした。

今日のダイビング参加は、私ら3人とイケメン西洋人とふくよかな日本人女性のカップルの5人。出発時の桟橋からずーっとイチャイチャしてやがりました。しかも女性の水着がなかなかのイケイケだったらしく。
(わたしはあんまりまじまじと見てなくて)

のちにFさん曰く内心、
公衆の面前で見苦しいわ!(#゚Д゚)ゴルァ!!
だったらしく。
まあ海外だし、オープンなのは仕方ないですが。後で分かりましたが彼らはホテルも帰りの飛行機も一緒でした・・・。
終始ベタついてやがった・・・。
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

ダイビングは2人ずつ、ここにきて水中カメラのメモリー忘れたというインストラクターに連れてってもらい、ウミガメやクマノミなど泳ぐ素晴らしい海中を堪能しました。
ケアンズやバヌアツでもウミガメを見たことはあるんですが、ここまで間近で見たのははじめてかもしんない。
Mさんは触ろうとしてインストラクターさんに止められたらしい。
(海中で触ると噛みつかれることもあるとか。)

でもいやー綺麗でした。(´∀`)

さて、帰り。

今度こそ泳いで帰れです。

浮き袋借りてたFさん、遅れてはいけないと気を使って先に行きますが、そこをものすごいスピードで追い抜いて行くMさん。魚並みじゃね?
私も後を追いますが、波が結構あり、なかなか進まない。それでもあっちゅーまにMさんは岸へ。
振り返るとFさんなんだか苦労してます・・・。そして泳いでもなかなか着かない。

これ、150mちゃうで!。゚(゚´Д`゚)゚。

何度か海水を呑みつつなんとかたどり着きました。
私がへろへろになって戻るとMさんすでにウエットスーツ脱いでトイレへ一目散。
なるほど、火事場のなんとやらかいな(w

それからしばらくして、もっとへろへろになったFさんがやっと着岸。
近くをとおる水上バイクの人にさわやかに挨拶されて返したものの、乗せてくれと何度もいいかけたとかなんとか・・・恐るべしスパルタダイビング。

そのあとは船の迎えまでビーチでまったり。

フランスっぽい木陰のカフェがいいですね。

Img_7456

お腹すいたんで、サンドイッチ食べたんですが・・・

P9030302

ツナサンド。でかっ!(゚д゚)

やはり物価が高いですが、(これとビールで1500円くらい)まあボリューム考えたら相当かもしんない。

島の裏側ではカイトサーフィン(?)が真っ盛り。

P9030316_2

Imgsa6

風が強いのでおあつらえ向きですな。

昼下がりにホテルへ帰還。

ホテルのプールへ行ってみました。

Img_7489

水深150cmの西洋人仕様で、水も冷てえ。(´Д⊂ヽ

みなさんはブールサイドで読書されてます。
まさに西洋人のバカンスやなー。

夕方、スーパーでお土産の買い物にでも、と思ったら、この日は土曜日。Mさんにホテルの人に聞いてもらったら5時には閉まってまうで、とのこと。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

土日は店が閉まるのが早いのです。
一応観光地なのにここぞとばかりに観光客に金を落とせというアジアリゾートのようなガツガツ感が全くありません。ほんまにのんびり海でしたい人向けのところですわ。

さらに追い打ちをかけて、ノープランだった翌日のツアーを申し込もうとしたら、一杯とのこと。Σ(゚д゚lll)ガーン

しゃーないので翌日はヌメアの中心地で買い物と近くのモンコギって山に行ってみることにし、ホテル周辺をぶらぶらしたり、星をみたりしてました。
何故か怪談話になり怖い思いをするハメに・・・。

Img_7516

ライトアップされたプール。
バスローブのままホテル内を歩く人が約一名いたが止められ(以下略

いやー星も綺麗でした。

後編につづく

|

« ニューカレドニア旅行記(前編) | トップページ | ニューカレドニア旅行記(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/64183138

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカレドニア旅行記(中編):

« ニューカレドニア旅行記(前編) | トップページ | ニューカレドニア旅行記(後編) »