« 謹賀新年2017年 | トップページ | おんな城主直虎「がけっぷちの姫」 »

2017年1月 9日 (月)

おんな城主直虎「井伊谷の少女」

はい、第一回。

浜松の皆さんPRがんばってはります。

篤姫、新島八重、楫取美和子、と主人公のマイナー度が年々上がってますが、正直に言いますと、私もこの人知りませんでした!(´∀`)
直虎が育てたという井伊直政は結構有名なんですがね・・・。

誰かの妻としてではなく、能動的に動いた戦国の女性主人公やりたいなら立花誾千代とかいう手はなかったんですかね・・・。

放送直前に直虎は男性だった説も出てきて波乱含みの幕開けですがこれいかに。

井伊家のお姫さま、おとわという名のおてんば少女とそのいいなずけの亀之丞、家老の息子鶴丸とこの三人が物語の主人公。最近の子役は大人役に寄せてきている上に演技が上手い!馬までのりこなす器用さよ!
ちなみに鶴丸の中の子はチャグム(精霊の守り人)ですにしても高橋一生氏に寄せてきてるなあ。

一話目は今川についているはずの井伊家でしたが、亀之丞の父、井伊直満が北条への寝返りを示唆する手紙を鶴丸の父が奪い取って今川へ送りつけ、直満は駿府で斬首されたというしょっぱなからキツい展開。裏切り者の息子も殺せと命令されますが、なんとか逃がすという話。

まあ史実の資料が少ない分、脚本家の自由度もきくのと、史実に振り回されずにすむのはメリットかもしれません。

無言で裏切り者を処断する笑点の司会者(笑)とか、井伊家の子孫である井伊直弼を演じたことのある中村梅雀さんが語りとかところどころの仕掛けが面白いですね。

そして井伊家と言えば赤備え。父の直盛の着物やおとわの髪結びなどさりげに赤が入ってるのは演出なのか、偶然なのか・・・。

続きが読めない分、ドラマとしての仕上がりは未知数ですね。

|

« 謹賀新年2017年 | トップページ | おんな城主直虎「がけっぷちの姫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/64740354

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「井伊谷の少女」:

« 謹賀新年2017年 | トップページ | おんな城主直虎「がけっぷちの姫」 »