« おんな城主直虎「亀之丞帰る」 | トップページ | 丹沢山周回登山 »

2017年2月26日 (日)

おんな城主直虎「初恋の別れ道」「検地がやってきた」

視聴が追いつかない2月です。

二週連続土日で長野・和歌山へと旅行に行ってまして・・・。

てなわけでまとめ見です。

ニュースでも取り上げられてましたが、毎週のサブタイトルは映画とかからのオマージュらしいですね。「検地~」はすぐ分かりました、某伝説的バンドの映画ですよね。

さて本役が登場して、このドラマの方向性が明かされてまいりました。

今川家からの本領安堵の条件としての、次郎法師の出家。これは帰還した亀、改め直親とおとわの夫婦約束は果たせないこととなるのです。

次郎を死んだことにしようという直親の提案ですが、そうすれば井伊の家に何かがあったとき、井伊の家が続かなくなる、それを危惧した次郎は泣く泣く還俗をあきらめ、直親の竜宮小僧として生きる決意をしたのでありました。

そして、直親は奥山氏の娘、しのを妻として迎えることに。

そんな様子を複雑な感情で見ている小野正次・・・。この三角関係がドラマの軸となっていくわけですね。

少女漫画的だ。(´∀`)

次郎と結婚することはあきらめた直親ですが、そんな直親と次郎の関係にやきもきするのは嫁いできたしの。中の人はどうもフラれ役のイメージが強く、ああ、またか・・・という気にさせられてしまいますね。(笑)(某落語朝ドラより)

井伊家の隠し田の存在を知らされる直親ですが、そこへ今川家からの検地のお奉行様がやってきます。それを井伊のため、隠し通したい直親は、今川の瀬名と文通している次郎法師に、奉行について探るよう頼みます。

しかしその瀬名からの返事が来ないまま奉行はやってきて、かなりの堅物でお役人的。
一方、直親から隠し帳簿の存在を知らされた小野は、複雑な感情を持ちます。信用されて託されたのか、試されているのか・・・。

そしてお奉行様は隠し田をマルサの如く発見しますが、ようやく受け取った瀬名からの知らせを持って検地の現場へ。

問い詰められる直親はとっさについた嘘を小野に託します。
そこへ現れる次郎法師。
小野の機転と次郎法師の必死の心遣いが功を奏し、この隠し田は守られたのでありました。
直親の小野への信頼と、小野の次郎への複雑な感情などが交錯していくわけですね。

どうでもいいですが、ドローンのあるこの現代、隠し田なんて存在はありえないよな、と思った次第。

そうか、ここはヘビースモーカーズフォレストだったんだな!
(゚∀゚)
※分かる人だけ分かってください。

|

« おんな城主直虎「亀之丞帰る」 | トップページ | 丹沢山周回登山 »

コメント

>ヘビースモーカーズフォレスト
この辺りで煙ってたら富士山めっちゃ噴火してますよcoldsweats01
犬の子一匹いませんでしたしdog

>某落語朝ドラ
たしかに脇役、フラら役のイメージですが今回のしの様が一番若狭ちゃんに近いですね。

投稿: らむね | 2017年4月21日 (金) 02時22分

>らむねどの
そうか、富士の樹海にあったんだな、あの隠し田は!(笑)
若狭ちゃんはどうも不運が似合う女優さんですね。

投稿: rin2@nara | 2017年4月23日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/64942414

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「初恋の別れ道」「検地がやってきた」:

« おんな城主直虎「亀之丞帰る」 | トップページ | 丹沢山周回登山 »