« おんな城主直虎「綿毛の案」 | トップページ | おんな城主直虎「あるいは裏切りという名の鶴」 »

2017年4月30日 (日)

おんな城主直虎「消された種子島」

今回の元ネタは007ですかね。

中野が持ってきたのは戦国時代の歴史にかかせない種子島(鉄砲)。
兵力の弱い井伊を守るために必要だと直虎に説く中野ですが、
直虎はひとつ10貫とききびっくり。(数百万円ほどな感じかな?)
とてもじゃないが集められないと言います。しかし、よく考えれえば
自家製で作ればいいのではと考えた直虎は井平の鍛冶屋さんに鉄砲づくりを頼みます。
ここは政次に黙って。
しかし、試し撃ちした弾丸を拾った甥より見せられた政次は種子島が領内にあることに気が付きます。政次恐ろしい子・・・!(白目)

一方寺で手習いを始めた虎松ですが、気を使って五目並べや鍛錬で勝たせようとする小姓たちを見た直虎は手加減無用と言い放ちます。
そのせいで、虎松は何をやっても勝てなくなり、自信喪失して寺へ行かなくなります。
これが登校拒否ってやつですね。
まあ現代でも登校拒否の原因はいじめが大部分だとは思いますが、勉強や運動が全然できなくて・・というのも少なからずとか。

母のしのにもう後継ぎになんかさせられないとなじられる直虎ですが、なんとか虎松をりっぱな後継ぎにするため、悔しくないのかとたきつけ、五目並べの特訓を開始。
なにこのスポ根漫画。(´∀`)

特訓の成果を見せるため、亥之助との勝負に出る虎松。
善戦したものの、負けてしまいます。
しかし、もう一度と勝負を挑む姿に母のしのも跡取りとしてしっかり育てるよう頼んで去ります。

虎松の成長を嬉しく思う直虎ですが、種子島のことが政次にばれてしまい、次回へ続く・・・。

|

« おんな城主直虎「綿毛の案」 | トップページ | おんな城主直虎「あるいは裏切りという名の鶴」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/65217764

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「消された種子島」:

« おんな城主直虎「綿毛の案」 | トップページ | おんな城主直虎「あるいは裏切りという名の鶴」 »