« おんな城主直虎「罪と罰」 | トップページ | おんな城主直虎「ぬしの名は」 »

2017年5月26日 (金)

おんな城主直虎「第三の女」

大河ドラマではお約束のように隠し子騒動がありますね。

もはや様式美。

突然やってきた高瀬という女の子。
直親の娘だと名乗ります。

中の人が事前に生活笑百科で番宣していたのを見たら、全然雰囲気が違います。

直親との約束でその帰りを待っていた直虎でしたが、そんな思いをつゆしらず。他の女と子供まで・・・!私の純情を返せ!という思いは表だって出そうとしませんでしたが、周囲にはそれを勘付かれ、犬猿の仲のしのにまで同情されてしまう始末。

まあしのは結婚の話が出る前だからまあいいとして・・・

と思ったらそうでもない様子。

武田の忍びでは?と直虎の気持ちを慮ってかの政次の助言もあり、本当に直親の子かとも疑いますが、高瀬が歌う歌はまさしく直親が吹いていた曲のメロディーでした。

それで直虎は直親の子だと確信します。

死んでもタラシにされてしまった直親。二人の置いてかれた女ふたりは井戸に向かって直親に罵声をあびせるのでありました。

。゚(゚´Д`゚)゚。

なんかこの騒動でしのと直虎が共同戦線をはるようになったかもしれません。

雨降って地固まるというか。

ところで方久は鉄砲のネジがうまくいかず、駿府を追い出されるような格好で井伊に戻ってまいりました。

さて、どうなることやら。高瀬の含みも気になるところ。

|

« おんな城主直虎「罪と罰」 | トップページ | おんな城主直虎「ぬしの名は」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/65329670

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「第三の女」:

« おんな城主直虎「罪と罰」 | トップページ | おんな城主直虎「ぬしの名は」 »