« おんな城主直虎「ぬしの名は」 | トップページ | おんな城主直虎「泥棒は二度仏像を盗む」 »

2017年6月 4日 (日)

おんな城主直虎「虎と龍」

この某落語ドラマのタイトル使いたいがために、盗賊団のお頭の名前を龍雲丸にしたんじゃないのかなと思う今日の感想ですこんにちは。

木材の切り出し技術を買い、井伊谷にやってきた龍雲丸一同。

まあ、そんな彼に手を握られてなんだかドキドキするトウのたった直虎は、少女漫画も真っ青なベタベタな展開です。もうメタ発言とか行ってる場合じゃないですよもう。

(´∀`)

まあ元盗賊団ということで、井伊谷の人々はそんな異様な集団に恐恐としてしまい、なにかが起こると全て彼らに疑いがかかってしまいます。

なんとかそんなドキドキ彼らと離れたく、もとい井伊のために抱えておきたい直虎。

周囲の反対や疑いを晴らそうと、奮闘します。

そんな直虎を見て静かにジェラシーな政次を全国の腐女子のみなさんはニヤニヤしながらみているわけですよ。

(´∀`)

で、久々に登場したお隣の領主ひげもじゃ近藤さん、木材の盗難の話でひともんちゃくありましたが、再び例のやつらがやってきたのではないと聞き付け、政次のところへやってきます。

次回に続く!

|

« おんな城主直虎「ぬしの名は」 | トップページ | おんな城主直虎「泥棒は二度仏像を盗む」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/65370483

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「虎と龍」:

» おんな城主直虎 第22回「虎と龍」 [あしたまにあーな]
やはりと言うべきか、龍雲丸率いる一団と井伊の村人達はうまくいかずに諍いを起こすことになります。 村人にとってまるで異国の世界の一団にことを先入観をもって見てしまうのはどうしても仕方の無いことなのですが、それによって、双方にお互いを理解する場すら失われてしまうことにもつながります。 それを直虎はうまく融和させ誤解を解いていきます。 途中、龍雲丸のことを直虎が意識する場面もありましたが、そこはご愛敬ですね。 龍雲丸との距離が縮まった井伊家ですが、次回は近藤康用への対応となる模様です。同じように誤解ですめ... [続きを読む]

受信: 2017年6月 4日 (日) 23時53分

« おんな城主直虎「ぬしの名は」 | トップページ | おんな城主直虎「泥棒は二度仏像を盗む」 »