« おんな城主直虎「誰がために城はある」「気賀を我が手に」 | トップページ | 残雪の白馬岳登山 »

2017年7月16日 (日)

おんな城主直虎「死の帳面」

本当のデスノートだった、という今回。

見どころとしてはマツケン信玄。

大昔の大河ドラマの武田信玄は中井貴一氏が主演だったことは30代後半の方ならご存知だと思いますが、噂ではマツケンが先に信玄のオファーがあったとのこと。が、某八代将軍等で忙しく断り・・・という話ですが。それが真実ならこの配役は大河マニアにとってはなかなかの仕掛けでしたよ。

そんな背景もありながら、今回の主役は寿桂尼様。

武田義信の自害から始まる武田と今川の一触即発の状態で、義信に嫁いだ氏真の妹を引き取る交渉に寿桂尼自ら信玄の前に現れます。のらりくらりとかわす信玄でしたが、北条に仲裁を頼み、最終的に妹は今川へ帰されたのでした。

氏真をよそにババ様大活躍です。流石元祖女戦国大名!

それにスネちゃう氏真ですが、ババ様が倒れ、妻にも叱咤され、ババ様をよみがえらせるべく、国中から音曲を集めます。夢の中で今川の栄華の時代を目の当たりにしたババ様は再び目を覚まします。

そしてババ様は自らの命が長くないことを自覚し、今川を裏切りそうなデスノート作りにいそしむのでした。

デスノートに載ったのは直虎!

ババ様は縁のある豪族を呼び出してはその忠義を図っていたのです。

直虎の過去のおとわ時代を感慨深げに語るババ様に、家を守るためには手を汚すこともいとわないという覚悟を話す直虎。そこへ裏切りの兆しを感じ取っていたのでした。

最後の対面で感動させといて、この水面下での戦いっぷり。

お見事な脚本ですよ。

|

« おんな城主直虎「誰がために城はある」「気賀を我が手に」 | トップページ | 残雪の白馬岳登山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/65542582

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「死の帳面」:

» おんな城主直虎 第28回「死の帳面」 [あしたまにあーな]
物語は寿桂尼を中心とする今川家についてでした。心臓の調子がよくない状況のなかで武田に嫁いでいた氏真の妹の鈴を呼び戻す作戦を北条氏康を味方につけることで実現します。ここまで寿桂尼の威光を思いっきり使ってきたはずの氏真ですが、ここに来て「自分なんていなくてもいい存在なんだ」とへそを曲げてしまい、かなり面倒な存在になっていきます。 そんな氏真ですが、周囲の一言によって自分の今までの行為を改め、寿桂尼の教えを請うようになっていきます。そこからは目の色も代わり今川家もすこし持ち直すのではないかという期待も盛り... [続きを読む]

受信: 2017年7月17日 (月) 23時02分

« おんな城主直虎「誰がために城はある」「気賀を我が手に」 | トップページ | 残雪の白馬岳登山 »