« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月21日 (月)

おんな城主直虎「嫌われ政次の一生」

偶然なのかサブタイに中の人の名前が入ってるという。

元ネタは直虎の中の人と似てると言われてる某女優さんの代表作。

さて、今回、数十年大河ドラマを見てここまでのシーンはないというくらいの衝撃でしたよ。

徳川に弓を向けたということでおそらく近藤の罠にはまった最終的に直虎を守るために政次は捕えられ処刑されることになってしまいます。直虎の頼みで政次を助けに行った龍雲丸でしたが、それを受け入れず本懐だと言い放ち逃げませんでした。

政次を見送ってやらねばと磔にされる政次を、直虎は槍で一突きします。

まさかの展開。

。゚(゚´Д`゚)゚。

裏切り者めと罵る直虎に政次は井伊の行く末を地獄で見届ける、と言い放ち絶命します。

史実で政次は井伊を裏切った奸臣として名前が残るのですが、あくまで井伊を守るため奸臣としての汚名を着続けさせられるという道を選んだ政次と直虎の選択としたところがすごい。
正直、本当のところはどうだったのか分かりませんが、子供時代からのおとわと鶴の関係を描き続けて、ここへ帰結させるとは構成力のすごさに感動しました。

ネットでは究極のラブシーンだとまで言われてますが、まさにそんな感じのする場面でした。表向きは裏切り者として貫き通した政次の直虎への想いを受け取り、自ら手にかけることでそれに答えた、ということになるのでしょう。

友情とか恋愛とかそういうものでは言い表せない直虎と政次の絆をこういう形で描くというのは斬新で衝撃的ですが

泣けました。

。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

おんな城主直虎「復活の火」

いよいよクライマックス。

虎松を討ちとったことにした政次と直虎。
直虎は家康に書状を出し、徳川方につくことを伝えます。

直虎はついてきてくれた家臣たちに政次を信じるよう伝えますが直之はそれも政次の手だと疑いの目は捨てきれない様子。今までが今までだったのがここにきてじわりじわりと効いてます。
。゚(゚´Д`゚)゚。

家康は内通を約束し、武田と示し合わせて今川に攻めこみます。
その過程で井伊谷三人衆も家康に味方することを決め、領地安堵の起請文を交わしますが、毛深い人近藤氏だけは騙されてはいないかと疑心暗鬼。
一方政次は直虎と示しわせた通り、城を明け渡して徳川方につくことを宣言。
小野の家来たちも井伊家のためにあえて嫌われ者を演じていた政次の真意を知っていたのでした。
さらに今川では泣きっ面にハチで関口氏経はじめ重臣たちも武田へ裏切る始末でございました。
もうダメね・・・。

攻め込んできた徳川とともに井伊谷へ戻った直虎。

開門する政次ですが、そこへ矢が飛んできたのでございます。

次回、泣き所ですよ。

。゚(゚´Д`゚)゚。

多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

2回目の富士山登山は富士宮ルートから

2度目の富士登山に行ってきました。

特に登山に興味もない職場のMさんが富士山だけは登りたいとおっしゃるので、富士山なら登るという後輩Sも巻き込み行くことに。

夜の9時半頃奈良を出発して何度か道を間違えるというハプニングがあったものの富士宮ルートの入り口、水ヶ塚公園に4時前到着。ナビがいまいちなのでGoogle大活躍でしたよ。車の運転を交代しつつ仮眠をとるはずが、全員あまり眠れず。
が、富士宮で観光だけ参加するF氏と合流するためにはこの日中に登って降りてこなくてはいけないため、タクシーに乗り換え5合目の登山口へ。

ぐんぐん高度があがっていきます。

Img_9369_2

すでに2400m!高山病ラインから始まります。
寝不足で高山病を危惧しましたが、仕方ないので登りはじめ、6合目まで歩いて朝食とりつつ高度順応。

Img_9366

8月上旬の混雑期、富士吉田ルートは避けたいが、御殿場ルートは長くて登山初心者向けではなく、須走は関西からは遠いし、ということで最短距離の富士宮ルートを選択したのですが、なかなか最短距離だけあって直登!
傾斜がキツい。

Img_9383

よろよろと登ります。

同行者2人も7合目あたりまでは元気だったのですが、寝不足でこの傾斜、かなりキツかったようです。わたしもしんどかった・・・・。

それでも10時半過ぎ、所要時間5時間半ほどで登頂!

が、最後のコレが痛恨の一撃だったみたいですよ。

Img_9391

3776mの剣が峰への最後の難関。
疲れたところにこの傾斜はキツい!

Img_9397

前回に引き続きまた逆光・・・。
ほぼ同じ時間帯だからしゃーないですね。

Img_9403

御鉢。いーい天気でした。

Img_9390

さて下山。

あの急な富士宮ルートをくだるのは足に悪いので、帰りこそ御殿場ルートの大砂走りを使って下りました。

距離は倍ほどかかりますが。。。

が、快晴はここまで。

Img_9412

雲に覆われていき、高度を下げるにつれ霧と霧雨に囲まれてしまいました。数メートル先も見えない状態に!
。゚(゚´Д`゚)゚。

先の見えない道をひたすら砂に埋もれながらおりて行くだけという精神的につらい下山。
元気だった二人も痛恨の一撃をくらったようにへろへろでした。

下り始めて2時間半ほどでようやく大石茶屋が見えてきたときは安堵でしたよ。
晴れてたらもうちょい楽しんで行けたんでしょうが、途中で「飽きた~(泣)」などと言われる始末。(苦笑)

なんとか御殿場口の登山口に下山できたはいいものの、本格的に雨が降ってきました。しかし疲れで誰も雨具を取り出さず。。。心身ともにボロボロだったようです。濡れて寒いし。

タクシーがなかなかつかまらず、30分待ってやっと来てくれました。
水ヶ塚の駐車場から富士宮の駅へ着く頃には雨はどこへやら。やや曇りの天気。これだから山の天気ってやつは分かりません!

なんとかF氏と合流し、その夜は河口湖の貸別荘へ行き宿泊。
道中全員濡れてて寒かったため真夏だというに車に暖房つけてましたが、普通に街中移動してきただけのFさん、車に乗り込むと、

「暑いやないかい!ヽ(`Д´)ノ」

・・・ごもっともです。(笑)

山梨名物のほうとう。小作という有名店らしいですが、全然小作じゃありません!ボリュームがすごかったですよ。

Img_9415

翌日はぷらっと観光してベタに氷穴と白糸の滝をみて・・・。

Img_9434

めちゃ寒かった!

Img_9451

水が冷たかったです。
(いい年した女4人で入りました。)

お土産買ったり富士宮やきそばを食し。

Img_9491

一路名古屋へ。

そして、

Img_9494

今回の旅の最終目的は名古屋でうなぎを食べること。
某有名店に行きました。ここも2度目。
予約できないそうなので並ぶの覚悟でしたが、開店直前に着いたのですぐに入れました。
(それでも行列できてましたが。。。。)

1泊3日の旅でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

おんな城主直虎「虎松の首」

井伊家最大のピンチがやってきます。

徳政の中止を訴えに来た村人たちの前で政次は直虎に刀をつきつけ、関口の前に出ます。そして徳政受け入れ、領地を明け渡すことを告げ、館から追放されることになります。

それもこれも政次の俺を信じろという言葉に賭けた直虎。

隠れ里へ一族郎党で移り、井伊家復活の機会を狙うことを伝えます。

そして虎松は六佐とともに一時身を隠すことに。自分も残ると言い張る虎松ですが、傑山や直虎に生きることこそ大事と説得されて大人しく従うことに。

一方寿桂尼の残したデスノートを実行していく氏真は関口に虎松を討てとの命令をくだします。そしてその命は政次へと言い渡され、虎松の首と引き換えに念願の井伊ののっとりが実現することを言い渡されます。

様子を見に寺に戻った直虎は虎松を探しにやってきた政次一党と鉢合わせ。
代わりに連行されてしまいます。

そして直虎は虎松の首実験にかりだされるのでありました。

が、それは別人の首。

政次の意図を察した直虎はまるでそれが虎松だというフリをし、泣き崩れ、虎松は亡きものにされたことに。

政次を信じて今は耐える直虎でした。

。゚(゚´Д`゚)゚。

ここまでうまく話を組み立てるのすごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月 1日 (火)

おんな城主直虎「潰されざるもの」

今頃になって村人たちが訴えた徳政令を実行せよとの今川からの命令。
あきらかにデスノート発動中でございます。

今川の関口氏からその話を打診された方久。井伊に多額の貸し付けの回収をしない約束で家臣にとりたてられたのですが、井伊が徳政をすることで、その借金を請求するように言われた模様。

挙動不審全開の方久。

その命を言い渡された直虎はようやく井伊家取りつぶしの意図を知るのですが、それはあとの祭り。方久がそれを知っていたことにも気づきますが、逆らうことができない立場としては悩んだ挙句、それを受け入れることにしました。

しかし、直虎の窮状を知った村人たちは今川の使者としてやってきた関口の家に押しかけ、徳政を撤回するよう涙の訴えをします。

その騒ぎをききつけ、別々にやってきた直虎と政次。

政次は俺を信じろと、直虎を人質にします。

目の離せない展開になってまいりました・・・。

しかし、予告・・・。

。゚(゚´Д`゚)゚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »