« 夏休み西の旅その1~原爆ドームと柳井と門司~ | トップページ | おんな城主直虎「虎松の野望」「天正の草履番」 »

2017年10月 8日 (日)

夏休み西の旅その2~北九州市漫画ミュージアムと柳井と御手洗~

さて、西の旅の続き。

ピーカンの中、門司まで歩いて九州上陸。暑くてへろへろしてきました。

柳井の金魚のライトアップまでまだ時間があるので、門司から小倉へ。

小倉は5回目です。(笑)その割にはまともに観光したことなくて、時間の都合上、駅周辺と競馬場くらいしか行ったことないんですよね・・・。今回も電車の都合で滞在は正味2時間弱でまともに観光せず帰ってしまった・・・。

いつになったら名物かしわうどんが食べれるのか・・・(苦笑)

Img_9618

食べられないので帰りがけに写真だけ撮りました。また来るからね~。
。゚(゚´Д`゚)゚。

で、小倉で行ったのはコレ↓(苦笑)
北九州市漫画ミュージアムで開催されてた
「シティーハンターのすべて展」

Img_9617

開館5周年とかで原画展示が見れるとゆーので。来てしまいました。過去何度か記事にしたことありますが、好きなんですよ、北条司さん。前にも何度か原画展示はされてますが、今回はかなりの大量展示。

なんでもファンにアンケートをとって1位と2位の話が丸ごと展示されるという。

Img_9607

しかもコレいいのか?と思いましたよ。
原画で撮っていいのはここだけだったんですが、それでも太っ腹だなあ。。。

Img_9611

いいと言われたので撮ってみた。

Img_9612

権利画像をネットに堂々と上げていいのはすごいですなあ。
まあ、年数が経ってる、(おそらく25年以上前に描かれたもの)というのは大きいかもしれませんが・・・。
この方の絵は独特かつ繊細なので時代設定が80年代であることを除けば古さは感じませんなあ。修正が少ないのにもただただ凄いなあと思いました。
撮影禁止エリアにあった原画で、ほぼ風景画みたいのがあったんですが、個人的にはこっちのほうが見入ってしまいました。トーンとホワイトのみで描かれてる空や光がとても綺麗で、アナログでの表現技法の凄さに感動しましたよ。
全体的に表現が漫画というより映画的なんですよね。

ちなみにファン1位2位のベストエピソードは以下の2話。

Img_9615

これ投票したの絶対女性ファンがほとんどやろ!(゚∀゚)
この漫画、設定はハードボイルドコメディで、リョウさんのギャップのあるカッコよさと美女が一杯でてくること、そして水戸黄門的展開で人気だったと思いますが、大人になってから改めて原作を最初から最後まで通して読んだら少女漫画並かそれ以上のじれったいラブコメだと思います。
そのせいで女性ファンが多いみたいで、少年ジャンプ連載でよくこんな内容できたな・・・、と今更ながらに思います。ゆえに個人的にラブコメ漫画推薦してくれと言われたら、これかめぞん一刻をお勧めします。どっちも少女漫画じゃないですが。(笑)
1位と2位の話はその極みのお話でしょう。
ちなみに結構いいシーンの原画の前で涙ぐみながら(?)15分くらい動かないお姉ちゃんとかがいました。
(´∀`)
個人的には超能力少女と車いす少女の話が好きなんですが、一部だけ展示されとったなあ。(←聞いてない)

9月下旬で終わっちゃったそうですが、他にもテーマごとの解説やアニメの設定資料などもあってこれは好きな人には大サービスだったと思います。学芸員さん自体が好きなんだろうな~と思える展示構成でした。記念グッズ売ってたので手ぬぐいだけかわいくて買って帰りましたがそれが最後の一つだったらしく、ネットで見たらファンの人えらい悲しんでましたが、後日再入荷されたようで、ほっとしたのはここだけの秘密・・・。

んなわけでかしわうどんは食えずに柳井へと戻ります。
次ぎに小倉に来たときはかしわうどんを食べるぞ!(笑)

ほどよく日も暮れ、鈍行にゆられること2時間ほど、再び柳井へ。

Img_9626

きんぎょ注意報!(笑)

Img_9636


Img_9631

幻想的ですね。もう10月に入ってるので流石に終わってると思いますが、夏場はけっこうな期間、これが見られるそうです。

そしてやたらと混んできた鈍行で広島へと帰還。
電車の本数少ないのが仕方ないですよね。

せっかくなので夕食はチーズ入りのコレ。

Img_9642

マヨネーズは邪道ですってよ。
ついでに焼酎飲んでほろ酔い。

で、このまま広島で一泊。

翌日は瀬戸内海の大崎下島にある重伝建地区、行くのに難易度の高い御手洗へと。

ちなみに現在指定されている重伝建地区で一番行きにくいだろうなあと思うのは沖縄の渡名喜かなあと。なにせ島へ渡るフェリー乗り場まで公共交通機関がないそうで。
(でも何故か友人が訪れてたのがびっくり。)
広島から広駅に移動して、そこから出てる路線バスで行くことに。島にあるとはいえ御手洗地区までは橋が繋がってるのでバスで行くことができますが、例によって本数が少ないのです。(苦笑)よって今回も始発に乗りましたよ。
こういう移動の多い旅をすると原則早朝出発になるなあ・・・。

海沿いをめぐり、1時間半くらいで御手洗へ。
途中でデイサービスかなんかへ行くシルバーの人たちが大量に乗り込まれてビビりました。御手洗までで降りて行かれましたが・・・。
こういうところは特に高齢化を感じますなあ。

Img_9643


Img_9644

船も出てますので、帰りは船に乗りました。(これも本数が(略

Img_9646


Img_9650

洋館がレトロでいいですねー。
絵になるわー。

Img_9651

Img_9657

潮待ち?

Img_9672

Img_9673

人が1人通れるくらいの路地。
雰囲気がいいです。

Img_9665

石垣など。

そんなに大きな街並みでもないので1時間くらいあれば大体は見て回れます。
天気がよかったので海の色と街並みが映える素敵なところでございました。土曜だったのに、船券売り場と観光案内所以外では人にほとんど会わなかったなあ・・・。

Img_9691

数日間滞在したくなりました。

が、現実が待っている・・・てなわけで船で竹原まで。
そこからは地獄の鈍行の旅でなんとか夕方大阪に帰りついたのでありました。
岡山~相生間の接続が悪いのはもはや青春18切符ユーザには有名です。
岡山で2時間弱待ったのではないかな・・・。

まあ、それでもわずか2日でけっこう移動して回れたなあとは思います。
やはり海もいいです、ハイ。

|

« 夏休み西の旅その1~原爆ドームと柳井と門司~ | トップページ | おんな城主直虎「虎松の野望」「天正の草履番」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/65889107

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み西の旅その2~北九州市漫画ミュージアムと柳井と御手洗~ :

« 夏休み西の旅その1~原爆ドームと柳井と門司~ | トップページ | おんな城主直虎「虎松の野望」「天正の草履番」 »