« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月17日 (日)

おんな城主直虎「本能寺が変」

次回最終回とは思えないサブタイトル!

・・・確かに変でしたが、やはり忖度は身を滅ぼす・・・。

みたいな感じでした。

明智光秀の信長暗殺作戦を信じて安土にやってきた徳川一同。

しかしその接待の途中、光秀は信長の命により、毛利攻めの加勢に行かされることに。

万事なにが起こるか分からないピリピリした雰囲気の中、共に招かれ、何もしらない穴山梅雪は( ゚д゚)?な感じ。

居なくても万事ことを進めるという明智の言葉に従うべきか否か迷う家康たち。
手ずから料理を運んでくれる信長に、ただ信長は家康たちをもてなしたいだけじゃないのか、と思いはじめていたのです。

明智の反乱があったときのために岡崎までの逃げ道を確保してくれと万千代から頼まれた直虎は堺に赴きます。そこで再会したのは龍雲丸!堺で外国語を操り八面六臂の大活躍。
いつか会いに行くという約束を思って来てくれたと思った龍雲丸ですが、直虎はすっかり忘れていたのでした。
Σ(゚д゚lll)ガーン
早く戻れる海路を確保するため南蛮の船を借りたいという直虎に、異人は尼さんが好きだから接待しろと言う龍雲丸。
やってやろうやないけ!ヽ(`Д´#)ノ
という直虎でしたが、いざとなるところへ助けに来た龍雲丸。
そりゃ数年ぶりに再会したのにいきなりそれはないだろうとスネていたのでありました。

一方一旦信長と別れ、堺を見物して、京都に向かうかいなかで迷ってた徳川一行でしたが、直虎は、龍雲丸や町衆にお金を握らせ、家康らを待ち伏せ、猿芝居をさせて、明智が本能寺で信長を討ったとの知らせを届けさせます。そこへ本当の知らせがやってきたのでありました。

そんな信長ですが、本能寺で再び家康と茶会をするために茶器を選んでいたという。家康を殺す意図などみじんも感じられなかったのでありました。

その知らせをきき、とりあえず岡崎に戻ろうという家康一行ですが、同行している穴山は彼らの動きを不審がります。
そりゃ最初から暗殺を知っていたんですから猿芝居も甚だしい。(笑)
不信がる穴山とともに東へ向かいます。

そこへ登場したのがノブたち。不信がる穴山を先に出発させ、

「襲われないといいが・・・」と二度言うノブ。

のちの本多正信の片鱗がここに。

なんとか無事に岡崎に帰りついた徳川一行でした。

なんという珍道中。(´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おんな城主直虎「決戦は高天神」「信長、浜松来たいってよ」

タイトルの自由さも見どころの一つですが、いつも以上に攻めたサブタイトル。

武田軍の侵攻により、迎え撃つ家康。瀬名と信康の無念を晴らすため駿河の国を切り取りを目指します。

家康のできるだけ戦わずに済まそうとする作戦は功を奏し、万千代も活躍し、敵から降伏を申し出てくるのですが、そこに信長の使者がやってきて、皆殺しにせよと命をくだします。逆らうわけにもいかず、その命に従った家康。忸怩たる思いを抱えたまま、凱旋。

一方その活躍により万千代は2万石に加増され、六佐と直之を直接召抱えたいと申し出ます。しかし、直之はそれを断ります。直虎に仕え、井伊がなくなってからは井伊谷を守るという使命を全うしたいとの思いからでした。しかし、直虎に説得されては敵わないと万千代に仕えることを了承します。それは直虎への思いから出たものでした。
ツンデレ直之!(´∀`)

そして武田家は滅び、家康は念願の駿河を与えられたのでありました。

そこへ信長が駿河見物をしたいとやってまいります。
((;゚Д゚))

な感じで粗相があってはならないともてなす徳川家一同。
何故か直之まで相撲興行にかりだされることに。(´∀`)


そんなこんなの必死のもてなし信長は満足して帰っていき、今度安土に招きたいとのお達しが。

そんな中、明智光秀と旧知の仲であった氏真は光秀による信長暗殺計画を知らされます。
家康一行を安土で暗殺する計画があり、それに乗じて明智が信長を討つとの計画でした。
それを氏真から知らされた家康はのるかそるかで迷います。

氏真は父の敵の信長を討つことで一矢を報いたいとのこと。

明智はその計画の証としてその子を人質として井伊に差し出したのでありました。
井伊谷に紛れ込んだ伝達役からその計画を知った直虎は家康にそのことを知らせます。
家康に天下をとらせたいがため、家康に信長暗殺に乗るよう説得する直虎。
もう貫禄の暗躍って感じですね。(´∀`)

全てを知った家臣たちは家康に安土に行こうと言いだします。
かくして徳川家臣団は決意し、安土に向かったのでありました。

本能寺の裏側にある今川の暗躍、なかなかこれは面白いですね。実際のところ黒幕説がいろいろあるようでこんな解釈もありかな、と思っちゃいます。

武田の滅亡で去年の真田丸と時間軸が繋がりました。

「向こう(井伊)にもここに至るまでの物語があった」

のでございます。(´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おんな城主直虎「悪女について」

涙なくして見れませんでした。

徳川家の悲劇。

謀反の疑いをかけられた信康。しかし、それを救おうとする家康。

あの手この手で信康の処刑を引きのばし、その裏で氏真には北条家との同盟交渉を頼んでいたのです。

一方、信康を案じた瀬名は自分だけが武田と密通したこととし、ニセの手紙を出し、逃走。こっそり立ち寄ったつもりの井伊谷で直虎に出くわしてしまいます。

瀬名の身代わりになる覚悟を悟った直虎は家康から瀬名をかくまうように依頼された万千代達と共に説得しますが、瀬名の覚悟は変わらず。

無理に引きとめることもできなかった直虎。

やはり道中で捕まり、そのまま処刑されてしまった瀬名。

その思いを知り家康は信長にその首を差し出しますが、信長は冷ややかに好きにしろ、自分も好きにする、と言い放ちます。

その言葉の恐ろしさを知った家康。やがて信康も自害。

妻と息子を同時に失うという悲劇。

直虎の瀬名を救えなかった無念さを政次の死と重ね合わせた万千代は、落ち込む家康を叱咤し、その無念を晴らすよう前向きに生きることを促します。

政次の意志がそのまま継がれていくのでありました。

。゚(゚´Д`゚)゚。

いやー歴史上悪女とされていた築山殿(瀬名)の悲劇ですが、こういう描き方されるのは初めてではなかろうか。そしてその影で密かに手を合わせる於大の方がまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »