« おんな城主直虎「決戦は高天神」「信長、浜松来たいってよ」 | トップページ | おんな城主直虎「石を継ぐもの」 »

2017年12月17日 (日)

おんな城主直虎「本能寺が変」

次回最終回とは思えないサブタイトル!

・・・確かに変でしたが、やはり忖度は身を滅ぼす・・・。

みたいな感じでした。

明智光秀の信長暗殺作戦を信じて安土にやってきた徳川一同。

しかしその接待の途中、光秀は信長の命により、毛利攻めの加勢に行かされることに。

万事なにが起こるか分からないピリピリした雰囲気の中、共に招かれ、何もしらない穴山梅雪は( ゚д゚)?な感じ。

居なくても万事ことを進めるという明智の言葉に従うべきか否か迷う家康たち。
手ずから料理を運んでくれる信長に、ただ信長は家康たちをもてなしたいだけじゃないのか、と思いはじめていたのです。

明智の反乱があったときのために岡崎までの逃げ道を確保してくれと万千代から頼まれた直虎は堺に赴きます。そこで再会したのは龍雲丸!堺で外国語を操り八面六臂の大活躍。
いつか会いに行くという約束を思って来てくれたと思った龍雲丸ですが、直虎はすっかり忘れていたのでした。
Σ(゚д゚lll)ガーン
早く戻れる海路を確保するため南蛮の船を借りたいという直虎に、異人は尼さんが好きだから接待しろと言う龍雲丸。
やってやろうやないけ!ヽ(`Д´#)ノ
という直虎でしたが、いざとなるところへ助けに来た龍雲丸。
そりゃ数年ぶりに再会したのにいきなりそれはないだろうとスネていたのでありました。

一方一旦信長と別れ、堺を見物して、京都に向かうかいなかで迷ってた徳川一行でしたが、直虎は、龍雲丸や町衆にお金を握らせ、家康らを待ち伏せ、猿芝居をさせて、明智が本能寺で信長を討ったとの知らせを届けさせます。そこへ本当の知らせがやってきたのでありました。

そんな信長ですが、本能寺で再び家康と茶会をするために茶器を選んでいたという。家康を殺す意図などみじんも感じられなかったのでありました。

その知らせをきき、とりあえず岡崎に戻ろうという家康一行ですが、同行している穴山は彼らの動きを不審がります。
そりゃ最初から暗殺を知っていたんですから猿芝居も甚だしい。(笑)
不信がる穴山とともに東へ向かいます。

そこへ登場したのがノブたち。不信がる穴山を先に出発させ、

「襲われないといいが・・・」と二度言うノブ。

のちの本多正信の片鱗がここに。

なんとか無事に岡崎に帰りついた徳川一行でした。

なんという珍道中。(´∀`)

|

« おんな城主直虎「決戦は高天神」「信長、浜松来たいってよ」 | トップページ | おんな城主直虎「石を継ぐもの」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66167685

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「本能寺が変」:

« おんな城主直虎「決戦は高天神」「信長、浜松来たいってよ」 | トップページ | おんな城主直虎「石を継ぐもの」 »