« おんな城主直虎「悪女について」 | トップページ | おんな城主直虎「本能寺が変」 »

2017年12月17日 (日)

おんな城主直虎「決戦は高天神」「信長、浜松来たいってよ」

タイトルの自由さも見どころの一つですが、いつも以上に攻めたサブタイトル。

武田軍の侵攻により、迎え撃つ家康。瀬名と信康の無念を晴らすため駿河の国を切り取りを目指します。

家康のできるだけ戦わずに済まそうとする作戦は功を奏し、万千代も活躍し、敵から降伏を申し出てくるのですが、そこに信長の使者がやってきて、皆殺しにせよと命をくだします。逆らうわけにもいかず、その命に従った家康。忸怩たる思いを抱えたまま、凱旋。

一方その活躍により万千代は2万石に加増され、六佐と直之を直接召抱えたいと申し出ます。しかし、直之はそれを断ります。直虎に仕え、井伊がなくなってからは井伊谷を守るという使命を全うしたいとの思いからでした。しかし、直虎に説得されては敵わないと万千代に仕えることを了承します。それは直虎への思いから出たものでした。
ツンデレ直之!(´∀`)

そして武田家は滅び、家康は念願の駿河を与えられたのでありました。

そこへ信長が駿河見物をしたいとやってまいります。
((;゚Д゚))

な感じで粗相があってはならないともてなす徳川家一同。
何故か直之まで相撲興行にかりだされることに。(´∀`)


そんなこんなの必死のもてなし信長は満足して帰っていき、今度安土に招きたいとのお達しが。

そんな中、明智光秀と旧知の仲であった氏真は光秀による信長暗殺計画を知らされます。
家康一行を安土で暗殺する計画があり、それに乗じて明智が信長を討つとの計画でした。
それを氏真から知らされた家康はのるかそるかで迷います。

氏真は父の敵の信長を討つことで一矢を報いたいとのこと。

明智はその計画の証としてその子を人質として井伊に差し出したのでありました。
井伊谷に紛れ込んだ伝達役からその計画を知った直虎は家康にそのことを知らせます。
家康に天下をとらせたいがため、家康に信長暗殺に乗るよう説得する直虎。
もう貫禄の暗躍って感じですね。(´∀`)

全てを知った家臣たちは家康に安土に行こうと言いだします。
かくして徳川家臣団は決意し、安土に向かったのでありました。

本能寺の裏側にある今川の暗躍、なかなかこれは面白いですね。実際のところ黒幕説がいろいろあるようでこんな解釈もありかな、と思っちゃいます。

武田の滅亡で去年の真田丸と時間軸が繋がりました。

「向こう(井伊)にもここに至るまでの物語があった」

のでございます。(´∀`)

|

« おんな城主直虎「悪女について」 | トップページ | おんな城主直虎「本能寺が変」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66167588

この記事へのトラックバック一覧です: おんな城主直虎「決戦は高天神」「信長、浜松来たいってよ」:

« おんな城主直虎「悪女について」 | トップページ | おんな城主直虎「本能寺が変」 »