« 西郷どん「立派なお侍」「子どもは国の宝」 | トップページ | 西郷どん「相撲じゃ!相撲じゃ!」「謎の漂流者」「母の背中」 »

2018年1月28日 (日)

西郷どん「新しき藩主」

大河ドラマの感想をブログで書き続けて10年を超え、大河ドラマ好きを自称しておりますが、ものごころついて以降の時代の作品以外で、全く見てない大河もありまして。実は90年代前半のNHKエンタープライズ制作の作品はほぼ見てないのです。
まあ当時中学~高校生で塾やら部活やらで日曜の夜に家にいなかったというのもありますし、BSも見られる環境ではなかったので、「琉球の風」「花の乱」「炎立つ」は一秒たりとも見たことありません。

そんな中、独眼竜政宗からの渡辺謙さん再登板の炎立つを見てなかったせいか、大河の謙さんは政宗と、北条時頼役だった北条時宗しか知らないのでございます。
あのときも毒を盛られて死ぬと言う壮絶な役柄だったんですが、今回もなかなかの存在感。

なんと家督の座を巡って父の斉興とロシアンルーレットをはじめるという。(!)

いわゆるお由羅騒動により、赤山先生の切腹に大久保正助の父も喜界島に遠島と粛清が続くのです。赤山先生から切腹時に着ていた血染めの肌着を介錯を務めた父から受け取って西郷どん。由羅を殺そうとしますがこらえるよう父に止められます。

その意志を継ぐため斉彬へと薩摩の窮状を伝える西郷どん。
そんな背景からのロシアンルーレットです。

賭けに負けた斉興はしぶしぶ家督を斉彬に譲り、初めて斉彬は薩摩にやってきます。
みんなに歓迎される新しい藩主は桜島を仰ぐのでありました。

|

« 西郷どん「立派なお侍」「子どもは国の宝」 | トップページ | 西郷どん「相撲じゃ!相撲じゃ!」「謎の漂流者」「母の背中」 »

コメント

去年の大河は途中でフェイドアウトしてしまいましたが、今年のせごどんは最後までみようと思っています。
ケンワタナベ(とうちの娘は呼ぶ)のオーラがすごいですよね。お父さんお母さん役もすごくいい配役で好きです。さわやかな沢村さんが今回で見納めなんて寂しいです。
うちはもっぱらBS派で続きで大岡越前も見ています。こちらも相棒の亀ちゃんがレギュラーで大岡様の相棒になりなかなか面白いですよ(^ ^)

投稿: つぐみ | 2018年1月29日 (月) 09時57分

>つぐみどの
やはり、世界のケン・ワタナベですよね!
去年は変化球で、今年は王道の幕末の西郷さん
ということでがんばって最後までともにがんばりましょう!
ちなみにわたしもBS派です。
大岡越前、新鮮味がありますよね~。

投稿: rin2@nara | 2018年2月16日 (金) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66332945

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん「新しき藩主」:

« 西郷どん「立派なお侍」「子どもは国の宝」 | トップページ | 西郷どん「相撲じゃ!相撲じゃ!」「謎の漂流者」「母の背中」 »