« 通訳案内士試験 | トップページ | 西郷どん「江戸のヒー様」 »

2018年2月27日 (火)

西郷どん「不吉な嫁」

急いで迎えた嫁の須賀どんですが、彼女がきてから西郷家の家族が亡くなっていく悲劇。

そんなところへスピードワゴンから呼び出された吉之助は、黒船来航に備えて再び上京する斉彬のお供にと選ばれます。

憧れの殿の側でお仕えしたいという願いが叶うわけですが、江戸行きのお金がない。
父も母もいなくなり大黒柱として大家族を養っていかなければならないところへのこのお達し。悩みますが須賀どんは家にいてほしいと懇願し、江戸行きを諦めます。

しかし仲間たち、特に正助どんはめったとない機会を嫁に言われたからと言ってフイにするなと激怒。嫁を非難された吉之助も反発。殴りあいの大喧嘩になります。

その後、西郷家の人々に江戸にいくようもう一度説得するよう頼まれた正助どんは江戸の費用を集めるため仲間からカンパを募ったり、毎度おなじみの板垣さんにお金を借りようとしたり(最終的に借金の代わりに5両の餞別をもらいました。)と20両をかき集めます。

今の勝ちだと20両は2~3百万円でございます。
藩命で行けといわれても出してくれなかったみたいですね。
ぶ、ブラック企業・・・。

そして須賀もそんな周りの雰囲気に嫌気がさし、実家に戻り、再び父と西郷家にやってきます。それは離縁の申し出でした。

引きとめる吉之助ですが、手切れ金とともに須賀は出て行ったのありました。

しかしその真意は吉之助を江戸へ送り出すため。自分がいては引きとめてしまうことが分かっているから、という切ない話でございました。

一方で島津分家の姫である於一も篤姫と名を改め、家格ロンダリングをしながら、将軍家に嫁ぐことになるのであります。

|

« 通訳案内士試験 | トップページ | 西郷どん「江戸のヒー様」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66440519

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん「不吉な嫁」:

« 通訳案内士試験 | トップページ | 西郷どん「江戸のヒー様」 »