« 2018年3月 | トップページ

2018年4月16日 (月)

西郷どん「慶喜の本気」

本気と書いて「マジ」と読みます。

慶喜の将軍継嗣擁立に奔走する西郷どんと橋本左内。

しかし当の慶喜は固辞しますが、そこをなんとかと説得を続ける2人。

とうとう慶喜がいかに英明かを広める薄い本本まで作成する始末。慶喜が破棄しても、複製を作り続ける2人。同人誌業界のアレみたいなものですなw

そしてそんな動きを察した井伊直弼は西郷どんを呼び出し、家族をも出して脅します。井伊の屋敷には去年の小道具がいっぱい(略
井伊の元に来いと言われる西郷どんでしたが、そんな誘いにはもちろん乗らないと断ります。
が、次の手を打った井伊の刺客に襲われた慶喜を助けた西郷どんは初めて人を殺してしまいます。だから将軍なんかになるのはイヤなんだという慶喜。そこへこの国のために逃げるなという西郷の押しで、慶喜は井伊の屋敷に出向き、自ら将軍になると宣言して去っていくのでありました。
この一方で篤姫の努力もあり、家定に慶喜擁立を約束させたのでありました。

これだけ頑張って慶喜を将軍にするようにしたのに、なった途端倒幕になるとはこのときどちらも思わなかったでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

近況報告というか愚痴

日々の話はほとんどFacebookでしているのですが、たまにはここにも。

3月下旬、内示が出ましてまた異動になりました。

今度は土木系部署の庶務です。
技術屋に囲まれてひたすら庶務のルーティン。
12年目にしてもう5つ目の部署。同期の中で最多(もう一人いますが)

都市計画→財政→生涯教育→徴税→土木(庶務)NEW!

。゚(゚´Д`゚)゚。<もうイヤだ

全く一貫性のない異動をさせられてます。

「関連のない部署へ異動の多い人 役立たず」

と検索してみると結果はいわんや。
もうこの年齢になってくるとジェネラリストとしての養成コースでもないでしょうし。

転職組で勤務年数も8掛けにされて年齢の割に昇給も遅く、年下がみんな役付けになっていき悲しい負のスパイラル。残業をしたいほうではないですが、財政除くと全体的に定時コースが多く、飲み会でもいつも一番乗りになるのが悲しくなってきます。年齢的にもそこそこ仕事をこなしていきたい気は多少ありますが、なんかもう窓際に追い込まれてる感。
まあ偉くなったから給料増えるわけでもないんですけど。

以上、FBでは書けない愚痴でした。


気分転換にはじめて行った哲学の道の桜。
4月最初の日曜だったのににもう満開も終わりぐらい。
いやー今年は春が早く、あっいうまに夏になりそうです。
と思ってたら4月中旬になってまた気温が下がりましたね。

Img_0726

| | コメント (1) | トラックバック (0)

西郷どん「変わらない友」

地震のために篤姫の将軍家定への輿入れが延期になりましたが、あっという間に1年経って(!)無事にお輿入れすることができました。

いきなり駕籠を覗き込む家定は初対面の篤姫に体は丈夫か?と尋ねるという。
やはりどこかおかしな将軍様であることには変わりありません。
これからの波乱の予感。

無事に婚礼を終えた斉彬と西郷どんは数年ぶりに鹿児島へ帰ることに。
その道中、京都の近衛家に立ち寄った斉彬のお供で西郷どんは月照という僧に出会います。この人こそ西郷どんとただならぬ関係になる人なのです。
それを分かっての意味深な演出、これがNHKクオリティ!(笑)

鹿児島で久々に家族や友人たちと再会した西郷どん。
斉彬の側で仕えているがために、なかなかその任務を話せない西郷どんと友人たちとの間に溝が。
そんな中、大久保正助が嫁取りをすることになり、婚礼が執り行われます。
しかし西郷どんに斉彬からの呼び出しがかかり応じざるを得ず、中座。
西郷どんに伝えられたのは老中阿部正弘の訃報でした。そのため薩摩の理解者を失い井伊の台頭を警戒した斉彬は再び西郷どんに江戸行きを命じます。
そこで西郷どんは正助を一緒に熊本まで同行する許可をとりつけます。

それを正助に伝えた西郷どんですが、余計なことをするなと怒ります。江戸に出て殿のもとで活躍する友人に対し、薩摩で日々の暮らしに必死だった正助はそんな西郷の態度が気に食わないとのこと。ケンカ別れして西郷どんが再び旅立つ日、できた嫁の満寿さんは、二人の話を聞いており、正助を送りだします。
正助は決意し、先に立った西郷どんを追い、途中で「正助」を忘れた、という彼に出会い、二人は友情を取り戻し、飛ぶが如く、旅立つのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

西郷どん「運の強き姫君」

なかなかまとまらない篤姫の将軍家輿入れですが、幾島は大奥で絶大な権力を持つ将軍家定の母、本寿院に接触することに成功し、ようやく輿入れが決まりました。

まさかの泉ピン子様。この役は姑役枠ですよね。

家定の間に子供はおそらく授からなず、篤姫の輿入れの役目は次の将軍を慶喜にすることだと言い渡された篤姫。しかし、斉彬の役に立つならば、と自分の運命を受け入れる篤姫なのでした。

そんな中安政の大地震が発生し薩摩藩の江戸屋敷も崩壊。必死に篤姫を探す西郷どんはようやく彼女を見つけます。

「一緒に逃げよう」

と一瞬の弱音を吐く篤姫。

しかし、すぐに元の気丈な姫に戻るのでございました・・・。

泣けますなあ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

特に感想はこれくらいで。

この安政の大地震で水戸の攘夷派の藤田東湖が亡くなってしまったのですよ。
そのため幕末の動乱の過中にいたにも関わらず、明治以降水戸藩から人材が輩出されなかった原因のひとつとかなんとか・・・。
西郷どんにも多大な影響を与えた人物ではありますが、完全にスルーされてましたね。
大人の事情、ということで。

次回は1回小休止するという今年の大河でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ