« 西郷どん「慶喜の本気」 | トップページ | 西郷どん「殿の死」 »

2018年4月22日 (日)

大普賢岳周回ルート

年末の金剛山以来、久しぶりに夏のシーズンに向けてのトレーニング再開。年明け以降、なかなか山に行くことができずで、体力ダダ落ちはいわずもがな。

今回は奈良の大峯山系の大普賢岳から七曜岳を経ての周回ルート。
朝の5時前に家を出て、川上村を経て、和佐又山ヒュッテに朝6時半に到着。先着が何名かいらっしゃいました。ここは奈良県でも数少ないスキー場なんだとか。
・・・にしてもリフトないけど。(^^;

Img_0801

駐車料金はここで。1000円也。ちなみに早朝だったので、帰りに払いました。

広々したキャンプ場もあり、のんびりできそうなところですわ。

Img_0762

日本遺産らしい。

ぶらぶら歩いて登っていきます。

Img_0763_2

これが日本遺産か!

Img_0772


Img_0769

1時間ほどはゆるやかな感じの登りだったんですが、この辺の窟を通り過ぎたあたりから急な登りに。梯子や鎖場が連続します。

Img_0774


Img_0782

なかなかスリリングですよ。甲斐駒の黒戸尾根みたいな感じです。
まあ天気がよくてよかった。雨だと滑ったりして怖いです。

Img_0783

2時間くらいで登頂。ここまで1人としかすれ違わず。
流石非百名山。

Img_0784_4

絶景でございます。
久しぶりの登山なので、結構へろへろですが、まだ9時過ぎ。このまま同じルートをくだるという選択肢もあったんですが、時間もあるし、周回ルートを行ってみようと思いました。行きの鎖場や梯子を下るのもいらんな~と思ったのが運のツキ・・・。
コースタイムは4時間ほどで下りだけでしょうと思ってたんですがなかなか。

Img_0790

下って下って~♪

Img_0792

Img_0793

絶景!とか思ってたんですが。

七曜岳を過ぎたあたりからかなり斜度のキツイ下り。なかなかこれは膝にきます。さらに全体的にトラバース道(回り込み)のルートなんですが、これも急な崖沿いで通り道も狭く危険。滑落事故がよく起こるらしく、注意看板が結構ありました。集中力のいるルートでございます。

ようやく下りが終わって唯一の水場。

Img_0797

が、地獄はここから始まった・・・。
よく高度計を見るとスタートの和佐又より下ってるんじゃないの?

てなことで・・・
ここから登り返しが始まるのです。
この滝のところを渡渉してから一気に急登へ。

Img_0799

なんか鎖とか梯子とかいっぱいありました。結構な下りのあとの登り返しは足にきます。
へろへろだあ~。。゚(゚´Д`゚)゚。

滝を過ぎてすぐの登りは垂直に近い登りだったのではなかろうか・・・。
このキツい登りを超えて、アップダウンのあるトラバース道をひたすら歩いてようやく和佐又へ帰還。

久しぶりの登山でこのコースはきつかったです。ここはあらゆる登山要素が詰め込まれてて、上級者向けコースといわれる所以ですかね。
6時間かかりました。

Img_0795

山つつじ。

帰りは入之波温泉の山鳩湯さんに寄って帰りました。

|

« 西郷どん「慶喜の本気」 | トップページ | 西郷どん「殿の死」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66637638

この記事へのトラックバック一覧です: 大普賢岳周回ルート:

« 西郷どん「慶喜の本気」 | トップページ | 西郷どん「殿の死」 »