« 西郷どん「流人・菊池源吾」 | トップページ | 西郷どん「正助の黒い石」 »

2018年5月24日 (木)

西郷どん「愛加那」

奄美大島に来てからなんか少女漫画風味が加わった西郷どんです。

島にきてからようやく島の人たちと打ち解けて行った西郷どん。子供たちに学問を教えたり、農作業をてつだったりします。

しかし薩摩からの厳しい砂糖地獄は変わらず、とうとう龍一族まで追求の手は及びます。

砂糖を隠したという濡れ衣で代官所へ捕まり拷問を受けるおじたちを助けるためとぅまは仲間を連れて代官所へ押し入ります。

大久保からの手紙で早く薩摩に帰るためにも島に深入りしないよう釘をさされた西郷どんですが、ここは主人公として、止めにやってきます。とぅまを襲おうとする横暴な代官田中をヒーロー漫画並みのタイミングでやってきた西郷どん。龍たちを牢から出します。

こんな仕打ちを受けてと薩摩に報告しようとした代官田中ですが、大久保から西郷の正体を知らされ、この話は表沙汰になることはありませんでした。

島から出られなくなるかもしれないのに自分を助けに来てくれた西郷にとぅまは島妻にしてくれと言いますが、西郷は自分から妻になってくれとプロポーズ。島でとぅまと生きることを決めます。とぅまもいずれは西郷が島から離れることを分かってそれを受け入れ、本当の名前を聞き、「愛加那」という名を受け入れるのでありました。

いやー少年ジャンプと少女漫画のいいとこどりですな。

|

« 西郷どん「流人・菊池源吾」 | トップページ | 西郷どん「正助の黒い石」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66755225

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん「愛加那」:

« 西郷どん「流人・菊池源吾」 | トップページ | 西郷どん「正助の黒い石」 »