« 西郷どん「斉彬の遺言」「西郷入水」 | トップページ

2018年5月14日 (月)

西郷どん「流人・菊池源吾」

前回の入水から画面がガラッと変わって美しい奄美の海へ。

海へ飛び込んで生き残った西郷どんは月照の死を聞かされショックを受けます。自分だけ生き残ったことへの罪悪感にも苛まれますが、大久保が必死に生きるよう説得します。

とりあえず藩の命で死んだことにされ、名を変えて奄美で身をひそめることになった西郷。

世話をしてくれる龍一族から流人のような目を向けられます。そこの一族の娘のとぅまもその一人でした。

自暴自棄で島の人々の声にも耳を貸さない西郷ですが、薩摩の支配下でサトウキビばかり作らされ、貧しい暮らしを強いられる島民の状況を知ります。
とぅまに斉彬の金遣いの粗さがより貧しくさせたと言われる西郷ですが、心酔していた斉彬のことを悪く云われると激昂。島のことなど知りたくないと言います。

そんな中、嵐の中で雨に打たれ熱病に冒された西郷ですが、島の人たちは薩摩からの人を死なせてはならないと必死で祈り、西郷は助かります。

命に気付いた西郷はとぅまに島のことをもっと教えて欲しいと頼むのでありました。

奄美ロケの景色が綺麗ですな~。

|

« 西郷どん「斉彬の遺言」「西郷入水」 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127690/66720476

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷どん「流人・菊池源吾」:

« 西郷どん「斉彬の遺言」「西郷入水」 | トップページ